ファイル共有

Smooth File:ライセンス無制限で使えるファイル共有システム--全社展開が容易

ファイル転送、共有システムの「Smooth File」は、利用者数に制限がないため、全社への展開や取引先との情報共有に利用可能だ。SSL暗号化通信やウイルスチェック機能など企業が必要とするセキュリティ機能を搭載している。

Smooth Fileのポイント

  • ユーザーライセンス無制限でファイル転送と共有の機能を備える
  • アカウントを持たない利用者ともファイルを送受信できる
  • SSLによる暗号化通信、ウイルスチェック機能を標準装備

Smooth Fileの製品解説

 プロットの「Smooth File」は、ユーザーライセンスが無制限でファイル転送と共有の両方の機能を備えたシステムだ。メールに添付できないような大容量ファイルの送受信や機密データの取り扱い、社内との情報共有をスムーズに進められる。

編集部おすすめの関連記事

 利用者間のファイル共有のほか、アカウントを持たない利用者ともファイルを送受信できる。利用者数に制限がないため、全社への展開や取引先との情報共有に利用可能だ。プロジェクト単位でのファイル共有も可能。コメントを付け加えられるので、メンバー間の情報共有を円滑にし、業務を効率化する。

 セキュリティ機能は、SSLによる暗号化通信、ウイルスチェック機能を標準装備し、ユーザー単位やグループ単位のアクセス権限も設定可能となっている。誰がいつどこで何をやり取りしたかといったログ情報も確認できる。ホワイトリストとブラックリスト、認証失敗時の自動ロック、ユーザー単位のIPアドレス制限などの機能も搭載する。

 「Smooth Fileクラウド」「Smooth File5」のアプライアンス版と仮想アプライアンス版、「Smooth Fileクラウドサブスクリプションライセンス版」の4種類が用意されている。iPadとAndroidの専用アプリも提供している。

Smooth Fileのまとめ
用途と機能ユーザーライセンス無制限でファイル転送と共有の機能を備える
特徴メールに添付できないような大容量ファイルの送受信や機密データの取り扱い、社内との情報共有をスムーズに進められる。利用者間のファイル共有のほか、アカウントを持たない利用者ともファイルを送受信できる
税込価格Smooth File5(アプライアンス版):250Gバイト×2 RAID1の構成、本体価格が86万4000円、オフサイト保守が年額12万9600円から、オンサイト保守が年額21万6000円から
500Gバイト×2 RAID1の構成、本体価格が129万6000円、オフサイト保守が年額19万4400円から、オンサイト保守が年額32万4000円から、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan