VR・AR

存在感を増すモバイルVR、2021年はVR用HMDの75%以上がモバイルに

Tracticaは、仮想現実(VR)市場に関する調査結果を発表した。それによると、2021年時点でVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)出荷台数全体の75%以上をモバイルHMDが占めるという。

 Tracticaは、仮想現実(VR)市場に関する調査結果を発表した。それによると、多くの消費者がモバイル用VRヘッドセットを通じてVRコンテンツを初体験する影響から、2021年時点でVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)出荷台数全体の75%以上をモバイルHMDが占めるという。

 また、モバイルVR対応のHMD、アクセサリ、コンテンツは、売上高が2021年まで109億ドルに達する見通し。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. マイクロサービスという新標準が導く世界

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan