コールセンター・コンタクトセンター

BlueBean:CTIやCRMを統合したコールセンターサービス--インとアウトに対応

クラウド型コールセンターシステムの「BlueBean」は、CTIやCRMの機能を統合し、コールセンター業務に必要な機能を提供する。インバウンド、アウトバウンドの業務に対応し、インターネット環境とクライアントPC、ソフトフォンやIP電話機のみで導入可能。

BlueBeanのポイント

  • CTIやCRMを統合したクラウド型コールセンターシステム
  • インバウンド、アウトバウンドの両業務に対応
  • インターネット環境とPC、ソフトフォンやIP電話機のみで導入可能

BlueBeanの製品解説

 ソフツーの「BlueBean」は、オープンソースのIP-PBXソフトウェア「Asterisk」をベースに独自開発のコンピュータ電話統合(CTI)や顧客関係管理(CRM)の機能を統合し、コールセンター業務に必要な機能を提供するクラウド型コールセンターシステムだ。工事や設備導入は不要で、インターネット環境とクライアントPC、ソフトフォンやIP電話機のみで使い始められる。

編集部おすすめの関連記事

 電話を掛ける“アウトバウンド”では、「プレディクティブ発信(予測発信)」や、オペレーターが確認しながら1件ずつ発信する「プレビュー発信(クリック発信)」のほか、発信リストごとのリスト件数や発信件数、未発信件数、会話結果ごとの件数を表示する発信リスト管理といった機能をそろえる。

 電話を受ける“インバウンド”では、1人で複数業務に対応できるマルチ着信ポップアップや、自動音声応答(IVR)、オペレーターのスキルレベルに応じて着信頻度をコントロールする着信呼均等分配(ACD)などの機能を備える。

 オペレーターの配置を確認できるリアルタイムモニタ、顧客情報の管理やそのレポートの抽出が可能なCRMなども標準で提供する。

 顧客ごとに業務の設定を管理する。業務ごとに顧客情報を管理可能で、通話記録や顧客対応履歴などの情報をレポート出力できる。顧客情報の管理については、役職に応じてアクセス権限を設定可能。

 Ping監視、データベースのバックアップ、プロセスの自動再起動、サーバの複数台構成にも対応する。

BlueBeanのまとめ
用途と機能CTIやCRMを統合したクラウド型コールセンターシステム
特徴インバウンド、アウトバウンドの両業務に対応。工事や設備導入は不要で、インターネット環境とクライアントPC、ソフトフォンやIP電話機のみで使い始められる
税別価格お試しプラン:オペレーター2人程度で初期費用1万円、月額1万円、プラン10:オペレーター10人程度で初期費用5万円、月額5万円、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]