文書管理

バイヤー電子請求書ベーシック:請求書の関連業務をオンライン化して作業を効率化

「バイヤー電子請求書ベーシック」は、請求書に関わる業務を効率化する電子請求書発行パッケージ。電子請求書の作成、発行など無料の基本機能に、受領後のワークフロー、電子請求書ダウンロードの機能を追加し、作業を効率化する。

バイヤー電子請求書ベーシックのポイント

  • 請求書の受領から社内の支払い業務、会計システムへのデータ連携などをオンラインで処理
  • 受け取った電子請求書をそのままワークフローで確認
  • ダウンロードした電子請求書は経理システムでも利用可能

バイヤー電子請求書ベーシックの製品解説

 トレードシフトジャパンの「バイヤー電子請求書ベーシック」は、請求書に関わる業務を効率化する電子請求書発行パッケージだ。中小企業をメインターゲットとして、請求書の受領から社内の支払い業務、会計システムへのデータ連携などを全てオンラインで処理できる。

編集部おすすめの関連記事

 企業間取引プラットフォーム「Tradeshift」に機能を追加してパッケージ化したもの。無料で使用できる基本機能には、電子請求書の作成、発行、送受信やデータの10年間保存のほか、取引先とのチャットや請求書データのAPIシステム連携といった機能が含まれる。

 これに加えて、受領した請求書に勘定科目など支払い処理に必要な項目を追加入力し、支払い承認のための回覧ができるワークフローの機能と、承認が下りた後の支払いデータをCSV形式でダウンロードする機能を組み合わせて利用する。

 印刷した請求書に印鑑を押したり、メールで承認を依頼したりする必要がなくなる。また、承認済みの請求書データを経理システムへ一括登録することも可能だ。請求書のファイリングや保管、承認回覧に伴う事務処理、データ入力などの作業を大きく効率化する。

バイヤー電子請求書ベーシックのまとめ
用途と機能請求書に関わる業務を効率化する電子請求書発行パッケージ
特徴電子請求書の発行、受領に関わる基本機能に、電子請求書受信後のワークフローと電子請求書のダウンロード機能を追加
税別価格月額5万円(契約は年単位、基本機能は無料、受け取る請求書が月間200件を超える場合は問い合わせる必要がある)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan