ソフトウェア

ソフトウェアの新規導入を円滑に--従業員による利用を促す5つの手順

新しいソフトウェアを組織で導入する際、「どうすれば皆に使ってもらえるのか」で悩んだことはないだろうか?ここでは、円滑な導入に向けた手順を紹介する。

 この数カ月、筆者はさまざまなソフトウェアについて、いろいろな人から同じ質問を受けている。「どうすれば皆に(新しいソフトウェアの名前)を使ってもらえるのか」という質問だ。

 ほとんどのベンダーは導入ガイドを提供している。「G Suite」や「Workplace by Facebook」「Office 365」「Slack」を使っているのなら、管理者向けのトレーニングツールやリソースをオンラインでいくらでも見つけられるはずだ。それらのリンクをクリックしていけば、順を追って説明してくれるガイドやヒント、さらにはプリントアウトして配布できる数ページの資料も利用できる。

 このテクノロジ導入ライフサイクルモデルは、筆者がこれらすべてのトレーニングリソースを整理するのに役立っている。このモデルは、テクノロジを導入するタイミングによって、人々をイノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガードの5種類に分類する。下で説明しているように、筆者はトレーニングリソースを選択し、導入ライフサイクルのさまざまな段階にいる人々のニーズに応じて、自分の導入戦略を修正している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2335文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan