モバイル 通信・通話

5G通信に向けて進む取り組み--クアルコムやエリクソン、5G NRフィールドテストで協力

2017年のConsumer Electronics Show(CES)が何らかの兆候を示唆しているとすれば、今年は5Gテクノロジに対する資金投入が急増する年になるとみて間違いないだろう。

 2017年のConsumer Electronics Show(CES)が何らかの兆候を示唆しているとすれば、今年は5Gテクノロジに対する資金投入が急増する年になるとみて間違いないだろう。Qualcomm、Ericsson、AT&Tは米国時間1月3日、3社が提携して新たなフィールドテストを実施すると発表した。これにより、大規模な5G実装の動きが加速される可能性がある。

 声明によると、「3GPPが策定を進めている規格であり、国際標準の基盤をなすものとして期待されている5G New Radio(NR)規格に基づき、相互運用性試験と無線(OTA)を使ったフィールドテストを実施する」ために3社が協力するという。目的は、適切なインフラや仕様を整え、モバイルエコシステムの5Gネットワークへの移行を加速することにある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1615文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]