セキュリティ IoT

企業におけるIoTのセキュリティ脅威--2017年に予測される事態

IoTセンサーやIoTデバイスをネットワークに実装する企業は増加している。そこで、IoTのセキュリティ脅威について、米TechRepublicは、2017年に予測される事態を専門家に聞いた。

 この1年は、ボットネット「Mirai」がTwitter、Amazon、Netflixをダウンさせるなどして、エンタープライズが繰り返し脅威に直面したことで、IoTのセキュリティ問題に急速に注目が集まった。しかし、IoTセンサーやIoTデバイスをネットワークに実装する企業は増えており、これがまだ始まりにすぎないであろうことがいちばん心配される。

 Gartnerによると、2020年は、新しい主要なビジネスプロセスとビジネスシステムの半数以上にIoTコンポーネントが含まれるだろうという。

 未来を予測するのが容易だったことはない。それでも、米TechRepublicは2017年に予測される事態を把握するため、IoTセキュリティの専門家に話を聞いた。答えてくれたのは、ForresterのアナリストであるFrank Gillett氏、Netskopeの最高経営責任者(CEO)を務めるSanjay Beri氏、Deloitte Cyber Risk ServicesのパートナーであるAdnan Amjad氏、ForgeRockのシニアプロダクトマネージャーであるSimon Moffatt氏、ForgeRockでイノベーションと新興テクノロジ担当のバイスプレジデントを務めるEve Maler氏、AlienVaultのセキュリティアドボケートであるJavvad Malik氏、NokiaでIoTマーケティング担当バイスプレジデントを務めるJason Collins氏、SendGridの最高セキュリティ責任者であるDavid Campbell氏、Travelers Global TechnologyのセカンドバイスプレジデントのKirstin Simonson氏、Hewlett Packard Enterprise(HPE)のSecurity Researchで脅威インテリジェンスのシニアプロダクトマネージャーを務めるChip Witt氏、Built.ioで技術エバンジェリズムとパートナーシップのディレクターを務めるKurt Collins氏、そして、Strategic Cyber VenturesのCEOのTom Kellermann氏だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5106文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  3. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]