SFA

UBBUX SFA:顧客情報や案件状況を地図上で管理するSFAサービス

地図型営業支援(SFA)サービスの「UBBUX SFA」は、顧客情報や案件状況を地図上で管理し、営業状況を可視化する。訪問実績の集計により行動傾向も可視化、営業戦略の策定にも役立てられる。

UBBUX SFAのポイント

  • 顧客と案件情報を地図上で可視化し、訪問予定やルートの最適化が可能
  • 案件の進捗段階を管理し、ボトルネックの早期発見や営業戦略の策定に利用できる
  • 営業担当者の行動傾向を可視化し、営業プロセスやノウハウを共有できる

UBBUX SFAの製品解説

 トムスシステムの「UBBUX SFA」は、案件情報を可視化して営業活動を視覚的にサポートする地図型営業支援(SFA)サービスだ。顧客情報や案件状況を地図上で管理し、営業状況を可視化する。

編集部おすすめの関連記事

 顧客情報と案件情報は、居住座標で登録、管理する。表記の揺らぎや重複データが複数ある場合でも、固有の居住座標で管理するため、データの抜け漏れや重複を回避できる。顧客や案件は地図上で可視化されるため、訪問予定やルートを見通しよく計画することが可能になる。

 営業状況については、案件の進捗段階をパイプラインで管理する。常に案件のステータスが見えるため、ボトルネックの早期発見や営業戦略策定など、チーム管理やチーム営業の強化に役立てられる。

 収集した訪問実績を集計分析することで客観的なデータを提供。営業担当者の行動傾向を可視化する。属人化しがちな営業プロセスやノウハウを管理、共有することができる。

 訪問先リストの居住座標と現在地の位置情報で最適な訪問ルートを作成するルート検索機能、訪問予定時刻や案件の登録ができ、訪問後実績として登録できるスケジュールと訪問実績登録機能、同じ居住座標を持つ顧客や案件をまとめて管理できる地名寄せ機能、GPSを利用した足跡機能で営業の過不足エリアを明らかにするヒートマッピング機能などが備えられている。

UBBUX SFAのまとめ
用途と機能案件情報を可視化して営業活動を視覚的にサポートする地図型SFA
特徴顧客情報、案件状況のほか訪問実績を分析することで行動傾向も可視化、営業戦略の策定にも利用可能
税別価格最低5ユーザーからで1ユーザーあたり月額2000円、導入サポート費は9万円

「SFA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]