デスクトップ仮想化 アセンテック

リモートPCアレイ:物理PCにリモート接続で操作するVDI統合システム--1Uに20台

「リモートPCアレイ」は、仮想デスクトップ環境を低コストで構築するハイパーコンバージドシステム。CPUやメモリ、ストレージなどのコンピュータリソースをまとめた物理PCにリモートで接続して操作する。

リモートPCアレイのポイント

  • VDIに必要なCPUやメモリ、ストレージ、ネットワークなどをまとめた統合システム
  • 仮想化デスクトップ環境ごとに専用のリソースを提供して、性能問題を排除
  • 1Uのシャーシに20台分の仮想化デスクトップ環境を格納

リモートPCアレイの製品解説

編集部おすすめの関連記事

 アセンテックの「リモートPCアレイ(RPA)」は、仮想デスクトップ基盤(VDI)を低コストで構築するハイパーコンバージドシステムだ。台湾のシンクライアントベンダーAtrustとの共同開発で、VDIに必要なCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークスイッチ、管理ソフトウェアを一括で提供する。

 一般的なVDIの仕組みは、CPUやメモリなどのコンピュートリソースをハイパーバイザでプールして、エンドユーザーに割り当てる。エンドユーザーが操作するアプリケーションが要求するリソースの取り合いとなり、性能が不安定となるケースがある。このことから、VDIの構築では、サイジングが大きな課題となる。また、朝の勤務開始時には、一斉にブートすることから“ブートストーム”発生でやはり性能が不安定になり得る。

 RPAは、CPUやメモリなどで構成される“PCカートリッジ”1台をエンドユーザー1人ごとに割り当てる。エンドユーザーはリモートでアクセスして操作する。ほかのエンドユーザーの負荷干渉がなく、性能が不安定になる原因の多くを排除できる。

 デスクトップ仮想化ソフトウェアに「Citrix XenDesktop」を採用。Citrix独自の画面転送プロトコルである「ICA」と配信技術「HDX」を活用することでエンドユーザーにストレスを感じさせない。

 エンドユーザー1人ごとに割り当てられるPCカートリッジは、4Gバイトのメモリにソリッドステートドライブ(SSD)が搭載。SSDは64Gバイトと128Gバイトの2つのモデルが用意されている。

 20台のPCカートリッジを格納するシャーシは1Uサイズ。シャーシ1台にKVMスイッチとイーサネットスイッチ、管理コンソールを内蔵。1U単位でシステムを拡張する。

リモートPCアレイのまとめ
用途と機能仮想デスクトップ環境を低コストで構築するハイパーコンバージドシステム
特徴物理PCへのリモート接続を前提にした設計となっている。1人あたりの導入コストを大きく削減できるほか、設計構築の期間の短縮、保守運用コストの削減が可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan