NoSQL 東芝ソリューション

GridDB:KVS拡張のキーコンテナ型NoSQL--必要なデータをメモリに格納

NoSQL型データベースの「GridDB」は、キーバリューストアを拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベース。必要なデータをメモリに格納し、それ以外のデータをディスクに保存する。

GridDBのポイント

  • KVSを拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベース
  • 必要なデータをメモリに格納し、それ以外はディスクに保存
  • 1000台規模までリニアにスケール、障害発生時も無停止で運用できる

GridDBの製品解説

編集部おすすめの関連記事

 東芝ソリューションの「GridDB」は、キーバリューストア(KVS)を拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベースのNoSQL。コンテナは、レコードの集合体でデータを表現、キーとコンテナはリレーショナルデータベース(RDB)のテーブル名とテーブルの関係に相当するデータモデル。

 ビッグデータ活用にあたって問題となるのは、将来的にデータがどれだけ集まるか事前には分からないことだ。急速な勢いで増加するデータを格納するために、高い拡張性と柔軟性を持ったデータベースが必要となる。その点、NoSQLデータベースはスケールアウトが容易で拡張性にも優れている。

 GridDBは必要なデータをメモリに格納し、それ以外のデータはディスクに保存する仕組み。データをメモリに配置することで、ペタバイト級のデータでも高速処理できる。独自のデータ圧縮機能でデータサイズを小さくしてメモリ使用量を抑えるほか、データの保持期限を決めて自動で削除する機能などもサポートする。

 データの増加にあわせた拡張も容易だ。1000台規模までリニアにスケール可能となっている。運用中のサービスを停止することなくノードを追加できる。単一障害点(Single Point of Failure:SPOF)を排除する自律制御クラスタ管理やレプリケーションによるデータ多重化の自動処理により、障害発生時もシステムを止めることなく運用を継続できる。

GridDBのまとめ
用途と機能ビッグデータ活用などデータ増加量が予測しづらい用途に向いたNoSQL型インメモリデータベース
特徴KVSを拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベース。必要なデータをメモリに格納し、それ以外のデータをディスクストレージに保存する

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan