NoSQL 東芝ソリューション

GridDB:KVS拡張のキーコンテナ型NoSQL--必要なデータをメモリに格納

NoSQL型データベースの「GridDB」は、キーバリューストアを拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベース。必要なデータをメモリに格納し、それ以外のデータをディスクに保存する。

GridDBのポイント

  • KVSを拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベース
  • 必要なデータをメモリに格納し、それ以外はディスクに保存
  • 1000台規模までリニアにスケール、障害発生時も無停止で運用できる

GridDBの製品解説

編集部おすすめの関連記事

 東芝ソリューションの「GridDB」は、キーバリューストア(KVS)を拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベースのNoSQL。コンテナは、レコードの集合体でデータを表現、キーとコンテナはリレーショナルデータベース(RDB)のテーブル名とテーブルの関係に相当するデータモデル。

 ビッグデータ活用にあたって問題となるのは、将来的にデータがどれだけ集まるか事前には分からないことだ。急速な勢いで増加するデータを格納するために、高い拡張性と柔軟性を持ったデータベースが必要となる。その点、NoSQLデータベースはスケールアウトが容易で拡張性にも優れている。

 GridDBは必要なデータをメモリに格納し、それ以外のデータはディスクに保存する仕組み。データをメモリに配置することで、ペタバイト級のデータでも高速処理できる。独自のデータ圧縮機能でデータサイズを小さくしてメモリ使用量を抑えるほか、データの保持期限を決めて自動で削除する機能などもサポートする。

 データの増加にあわせた拡張も容易だ。1000台規模までリニアにスケール可能となっている。運用中のサービスを停止することなくノードを追加できる。単一障害点(Single Point of Failure:SPOF)を排除する自律制御クラスタ管理やレプリケーションによるデータ多重化の自動処理により、障害発生時もシステムを止めることなく運用を継続できる。

GridDBのまとめ
用途と機能ビッグデータ活用などデータ増加量が予測しづらい用途に向いたNoSQL型インメモリデータベース
特徴KVSを拡張したキーコンテナ型のデータモデルがベース。必要なデータをメモリに格納し、それ以外のデータをディスクストレージに保存する

「NoSQL」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]