標的型攻撃対策 サイバーソリューションズ デジタルアーツ クオリティア

エンドユーザー任せにしない--リスクを事前に排除する無害化ツール6選

メールやファイル、ウェブなどから侵入する“脅威”を、「無害化(サニタイズ)」するツールが注目を集めている。ますます巧妙化する標的型攻撃に対抗する手段の1つとして企業のニーズが高まっているためだ。

 標的型攻撃の手口は進化を続け、ますます巧妙化している。大量に届く業務メールから、マルウェアを含む「悪意のあるメール」をエンドユーザーが自ら判断してリスクを回避することはもはや不可能に近い。メールそのものがマルウェアを含んでいなくても、悪意のあるウェブサイトに誘導されるおそれもある。

 そこで注目されているのが、メールやファイル、ウェブなどさまざまな経路で組織に侵入してくる“脅威”を、エンドユーザーの手元に届く前に「無害化(サニタイズ)」するツールやサービスである。マルウェアは添付ファイルに含まれているので、添付ファイルを無害化する機能を備えた製品が多い。

 昨今の標的型攻撃に対する企業の危機意識の高まりを受けて、さまざまなITベンダーが製品を市場に投入している。総務省が推奨する「自治体情報システム強靭性向上モデル」も、企業のニーズを後押ししている。ここでは、メール、ファイル、ウェブの脅威を事前に排除する機能を備えた6つの製品を紹介する。

1.Secure Data Sanitization:悪意の有無に関わらず、全ての対象ファイルを無害化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2819文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]