標的型攻撃対策 サイバーソリューションズ デジタルアーツ クオリティア

エンドユーザー任せにしない--リスクを事前に排除する無害化ツール6選

メールやファイル、ウェブなどから侵入する“脅威”を、「無害化(サニタイズ)」するツールが注目を集めている。ますます巧妙化する標的型攻撃に対抗する手段の1つとして企業のニーズが高まっているためだ。

 標的型攻撃の手口は進化を続け、ますます巧妙化している。大量に届く業務メールから、マルウェアを含む「悪意のあるメール」をエンドユーザーが自ら判断してリスクを回避することはもはや不可能に近い。メールそのものがマルウェアを含んでいなくても、悪意のあるウェブサイトに誘導されるおそれもある。

 そこで注目されているのが、メールやファイル、ウェブなどさまざまな経路で組織に侵入してくる“脅威”を、エンドユーザーの手元に届く前に「無害化(サニタイズ)」するツールやサービスである。マルウェアは添付ファイルに含まれているので、添付ファイルを無害化する機能を備えた製品が多い。

 昨今の標的型攻撃に対する企業の危機意識の高まりを受けて、さまざまなITベンダーが製品を市場に投入している。総務省が推奨する「自治体情報システム強靭性向上モデル」も、企業のニーズを後押ししている。ここでは、メール、ファイル、ウェブの脅威を事前に排除する機能を備えた6つの製品を紹介する。

1.Secure Data Sanitization:悪意の有無に関わらず、全ての対象ファイルを無害化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2819文字 ログインして続きを読んでください。

「標的型攻撃対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]