モバイル AI・機械学習

仮想パーソナルアシスタント、米英での利用は4割弱がスマホで毎日

ガートナーは、仮想パーソナルアシスタント(VPA)の利用状況などに関する調査結果を発表した。それによると、過去3カ月間にスマートフォンで何らかのVPAを使った人の割合は、米国では42%、英国では32%だった。

 Gartnerは、仮想パーソナルアシスタント(VPA)の利用状況などに関する調査結果を発表した。それによると、過去3カ月間にスマートフォンで何らかのVPAを使った人の割合は、米国では42%、英国では32%だった。また、毎日少なくとも1回VPAを使っている人は、米国と英国の平均で37%超いた。

 スマートフォンで使えるVPAとしては、現在Appleの「Siri」とGoogleの「Google Now」がもっとも普及している。過去3カ月間で使用したVPAを尋ねたところ、Siriは米国と英国で44%が、Google Nowは英国で41%、米国で48%が使っていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約508文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan