ETL EAI/ESB アシスト アプレッソ インフォテリア データ・アプリケーション ユニリタ

改めて考えるデータ連携の重要性--(4)境界が曖昧に、種類と量も増加

ETLやEAIなどのデータ連携ツールを提供するベンダーによる座談会は今回が最終回。非構造化データが活用されようとしている現状と、いずれやって来るであろうIoTがもたらす影響を語ってもらった。

 データ連携は、どんどん境界線がなくなり、ボーダレスになってきていて、IoT時代になると規模や種類、用途、場所にかかわらず、ボーダレスな連携への対応が必要になり、総合的なデータ連携ツールへの進化が求められる――。

 オンプレミスとパブリッククラウドのシステムが連携する“ハイブリッドクラウド”が当たり前になりつつある現在、企業アプリケーション統合(Enterprise Application Integration:EAI)やETL(Extract/Transform/Load)などの“データ連携”ツールの重要性が増している。こうした状況を踏まえ、TechRepublic Japanはデータ連携ツールを提供するベンダー5社による座談会を開催した。参加したのは以下の5人(肩書き、開発提供する製品名)。

  • アシスト 田中貴之(情報基盤事業部 製品統括部 技術3部 部長、「Syncsort DMExpress」)
  • アプレッソ 小野和俊(代表取締役社長、「DataSpider」)
  • インフォテリア 熊谷晋(ASTERIA事業本部長、「ASTERIA」)
  • データ・アプリケーション(DAL) 大澤健夫(マーケティング本部 本部長、「RACCOON」)
  • ユニリタ 秋山泰(取締役 執行役員 プロダクト事業本部 プロダクト開発部長、「Waha! Transformer」)

 第1回では、クラウドサービスが普及したことで、ユーザー部門が主導してデータ連携ツールを導入する現状が明確になり、第2回では、いまだ多い手組み開発の功罪が語られ、第3回では、現在ウェブサービスをつなぐのに一般的となりつつあるAPIとの関係、今後のアーキテクチャとして注目される“マイクロサービス”について語ってもらった。最終回となる今回は、今後を見据えてNoSQLや「Apache Hadoop」、IoTに触れる。

編集部オススメ関連記事:PaaSベンダー座談会

  1. 既存システムの単なるクラウド移行では意味がない
  2. IT部門は法規制を必要以上に気にし過ぎ
  3. PaaS活用の価値を最大化するにはアジャイル開発
  4. マルチクラウドから見えるデータ連携の重要性

NoSQLやHadoopはまだ研究開発段階

――今までデータ連携ツールの対象は、リレーショナルデータベース(RDB)が扱うような構造化データが中心でした。しかし、非構造化データ、NoSQLやHadoopのようなデータも取り扱っていかざるを得なくなるように思います。そうした状況にはどう対応していくのでしょうか。

残り本文:約3448文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan