AI・機械学習

2017年のAI注目トレンド--強くなる影響、増す悪意、倫理の問題

人工知能(AI)は、今や職場でも家庭でも我々の生活に入り込んでいる。そして2016年は、自動運転技術、音声認識、深層学習(ディープラーニング)の分野で大きな進歩がみられた。ここでは、2017年に注目すべき主要分野を3つ紹介しよう。

 米政府は2016年、主催イベント「The White House Frontiers Conference」で、人工知能(AI)の重要性を認めた。ドライバー不要な自動車という概念は、Uberがピッツバーグで自動運転車を走らせていることと、Teslaが完全な自動運転に必要なハードウェアを新モデルに搭載したことから、現実のものになった。Googleの「DeepMind」プラットフォームをベースとする囲碁プログラム「AlphaGo」は、囲碁の世界チャンピオンを破った。この勝利は、予想より10年早く達成された。

 メリーランド大学ボルチモアカウンティ校の副学部長で、コンピュータ科学教授を務めるMarie desJardins氏は、2017年の注目すべき主要トレンドとして、「機械学習(マシンラーニング)と、ナレッジベースのモデリング手法が多く使われるようになる」ことを挙げた。これは、どのように展開していくのだろうか。複数の専門家から話を聞き、AIが重大な影響を及ぼすであろう流れを考察してみた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2355文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  3. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  4. ITRレポート 「ビジネスに貢献するIT」実現のためのクラウド選定指針
  5. 今後10年のIT基盤はサーバ主導で「情報駆動型」「自動化」へ--その具体的な選択肢

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan