日本マイクロソフト Microsoft

マイクロソフトの2016年--果たした再生とユーザーにとっての意味

2016年はマイクロソフトにとって転換期となる年だった。同社は今年、ITリーダーが注目すべき企業へと再び返り咲いたのである。

 私は長年、Microsoftに対して複雑な思いを抱いてきた。同社のことが好きな気持ちはある。のちに「Windows」へと進化する「MS-DOS」OSが、私をコンピュータの世界に連れ込んだのだから。私がその世界に足を踏み入れたのは1980年代、父の卓上に置いてあったダサいベージュ色の箱にモノクログリーンのスクリーンが映し出された時だった。今では、「Microsoft Outlook」と「Word」を常に利用しているし、「Xbox」ゲームプラットフォームにも驚かされ続けている。オンラインゲームをプレイするたびにゲーム上で殺され、思春期前の子どもたちにうるさい声でばかにされるのだけど。Microsoftのことが好きであると当時に、私は長年同社に不満を持ってもいる。他社に先駆けてイノベーションを起こしたものの、不完全な製品をリリースしてアップデートすることもなく、最終的に息絶えた製品がいくつも存在するためだ。革新的だったが最終的に不幸な運命をたどった「Palm PC」や「PocketPC」「Windows Mobile」などがそれだ。

 2016年は新CEOのSatya Nadella氏の下、Microsoftが復活した1年だったように思う。同社の再生がかいま見えた部分と、それがITリーダーにとって何を意味するのか、振り返ってみたい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3044文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 標的型攻撃に侵入されている組織は「4社に1社」─衝撃の事実に企業はどう立ち向かうべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]