日本マイクロソフト Microsoft

マイクロソフトの2016年--果たした再生とユーザーにとっての意味

2016年はマイクロソフトにとって転換期となる年だった。同社は今年、ITリーダーが注目すべき企業へと再び返り咲いたのである。

 私は長年、Microsoftに対して複雑な思いを抱いてきた。同社のことが好きな気持ちはある。のちに「Windows」へと進化する「MS-DOS」OSが、私をコンピュータの世界に連れ込んだのだから。私がその世界に足を踏み入れたのは1980年代、父の卓上に置いてあったダサいベージュ色の箱にモノクログリーンのスクリーンが映し出された時だった。今では、「Microsoft Outlook」と「Word」を常に利用しているし、「Xbox」ゲームプラットフォームにも驚かされ続けている。オンラインゲームをプレイするたびにゲーム上で殺され、思春期前の子どもたちにうるさい声でばかにされるのだけど。Microsoftのことが好きであると当時に、私は長年同社に不満を持ってもいる。他社に先駆けてイノベーションを起こしたものの、不完全な製品をリリースしてアップデートすることもなく、最終的に息絶えた製品がいくつも存在するためだ。革新的だったが最終的に不幸な運命をたどった「Palm PC」や「PocketPC」「Windows Mobile」などがそれだ。

 2016年は新CEOのSatya Nadella氏の下、Microsoftが復活した1年だったように思う。同社の再生がかいま見えた部分と、それがITリーダーにとって何を意味するのか、振り返ってみたい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3044文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan