セキュリティ

2017年のサイバーセキュリティ脅威--専門家6人が予想するトレンド

サイバー脅威は2017年にさらなる進化が予想される。企業が直面する次なる脅威とその対策について、6人のセキュリティ専門家に話を聞いた。

 ハッキングが一般の人々の注目を集めた年が2016年だとしたら、2017年はハッカーの革新の年になるだろう。SurfWatch LabsのチーフセキュリティストラテジストのAdam Meyer氏はこのように述べる。Meyer氏は多様なデータを大量に分析することで、企業が新たなサイバー脅威のトレンドを察知できるように支援している。「2017年は(ハッキングの)創造性がさらに増す1年になるだろう」と述べる同氏は、これまでサイバーセキュリティはIT部門の担当業務と考えられてきたが、今は違うと説明した。賢明な企業がセキュリティを体系的に自社システムに組み込んでいく一方で、カルチャーハッカーも進化していくだろう。

 Meyer氏によると、「サイバー犯罪者は金の流れを追う」ものであり、賢明な企業は予防的なポリシーを採用する必要があるという。同氏はランサムウェア攻撃が急激に増加したと述べており、その理由として、ランサムウェア攻撃は「わずかな費用で実行でき、多くの組織はこの脅威を効果的に防ぐための適切な分析や意思決定がまだできていない」点を挙げた。

 Meyer氏は、社内でハッキングに無防備な部分を特定して、予防的なベストプラクティスを適用する費用も、攻撃と同様に少額であると述べるが、多くの企業にとって、事業に影響を及ぼす可能性が高いサイバーセキュリティ脅威を理解することは、それほど簡単ではない。そこで米TechRepublicは、複数の著名なセキュリティ専門家に取材し、2017年に大企業と中堅中小企業に影響を及ぼしそうな近未来のサイバーセキュリティのトレンドについて予想してもらった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3239文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]