MDM NEC エムオーテックス サイバートラスト 日立ソリューションズ アイキューブドシステムズ

モバイル端末の安全な業務利用を支援するMDM 5選--対応OSや機能面などに違い

企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を一元的に管理するMDMは、資産管理機能やセキュリティ機能、運用管理機能を備えている。対応OSの種類や機能面で違いがある。

 業務でスマートフォンやタブレットといったモバイル端末を活用することは当たり前になりつつある。そこで必要となのが、モバイル端末を一元的に管理するためのモバイル端末管理(Mobile Device Management:MDM)システムだ。利用者や端末OS、利用アプリといった情報を収集する資産管理機能、遠隔からの端末ロックやデータ消去といったセキュリティ機能、アプリの一斉配布などの運用管理機能を備えている。

 選定のポイントは、運用管理やセキュリティに関する機能の細かな違いに加え、対応OSは何か、複数人で同じ端末を利用できるか、Apple IDを設定せずにiOS端末にアプリを配信できるか、といった点にある。ここではクラウド型の4つとオンプレミス型の1つを取り上げる。

1.CLOMO MDM

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1974文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan