IRM アルプス システム インテグレーション NEC デジタルアーツ ティエスエスリンク

ファイルが流出しても情報漏えいを阻止できる定番IRMツール5選

情報漏えいに関する事故や事件が後を絶たない。万が一、ファイルが流出しても情報を読み取ったり、不正使用したりできなくすることが重要だ。こうした機能を提供する“IRM”ツールを5つまとめて紹介する。

 情報漏えいに関する事故や事件が後を絶たない。ひとたび情報が漏えいすると、業務に支障をきたすだけでなく、企業や組織の社会的信用が失墜したり、賠償に多大なコストがかかったりするなど、その影響はもはや計り知れない。

 攻撃者の不正侵入を防ぐことはもちろんだが、それに加えて、重要な情報を格納したファイルに暗号化やアクセス権限を施して、万が一、ファイルが流出しても情報を読み取ったり、不正使用したりできないようにすることも極めて重要である。

 こうした機能を提供するソフトウェアは“IRM(Information Rights Management)”と呼ばれるが、ファイルへのアクセス権限を管理できることから「ファイル権限管理」とした方が機能がもたらすメリットを理解しやすい。ファイルの閲覧を制限するだけでなく、ファイルを開いているときにアプリケーションによる印刷や保存、スクリーンショット取得などの操作を禁止することで、内部関係者による不正操作の防止にも役立つ。

 以下では、IRM機能を備えたセキュリティツールを5つまとめて紹介する。

1.FinalCode

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2043文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 「ソフトウェア定義」を極めた次世代インフラの世界へ--Dell EMC、マイクロソフトの展望

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan