人事・労務

採用面接で聞かれる難問珍問--その効果と問題点、そして、利用法

米国のIT企業が採用面接で驚くほど難解な質問を出題することは、よく知られている。候補者を困らせて、とっさにどのような思考ができる人物なのか見極めるためだ。この方法にはどれだけ効果があるのだろうか?

 米国のIT企業が採用面接で驚くほど難解な質問を出題することは、よく知られている。候補者を困らせて、とっさにどのような思考ができる人物なのか見極めるためだ。Googleは、数年前にその手の質問を出すのをやめた。後に、同社の幹部も、そのような難問は自分たちにも解けなかったと認めている。しかし、面接プロセスの一部として難問を使い続けている企業はある。

 中小企業を対象とした人材配置およびオンボーディングコーチを務めるJen Teague氏によると、この手の質問は、面接に悪影響を及ぼすこともあれば、面接そのものを台無しにすることもあるという。Teague氏は、「面接担当者が採用手続きを熟知し、求める人材とは何かを十分把握している場合、こうした難問が候補者の思考プロセスを見抜く優れた手段になる可能性はある」とする一方で、次のように述べている。「ただし、はっきりとした目的もなく取り入れれば、有望な候補者を見落とすことになりかねない。実際、こうした質問は科学、技術、工学、数学といった分野(STEM)には適しているが、業界全般にいつでもあてはまるわけではない」

 CouponHippoの創設者であるMax Page氏は数年前にGoogleで面接を受けた。同氏いわく、「今年、米国でアクティベートされる『Android』端末の台数を予測せよ」とか、「たった今、米国の上空を飛行している飛行機の数を試算せよ」といった問題を尋ねられたそうだ。

 Page氏は、「(面接で)終始求められているのは、自分の考えを口に出すことだ」と述べている。「それが採用、不採用を決める質問である必要はない。むしろ、相手の考えを口に出してもらい、その内容を聞き取ることに価値があると思う。最終的な数字はあまり重要ではない。ただ、候補者がその数字にたどり着くまでの思考プロセスを見る」(Page氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2954文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan