ウェブ会議 ブイキューブ パナソニック リコー NTTアイティ ジャパンメディアシステム

対面だけじゃない--遠隔地でも共同で作業を進められるウェブ会議システム5選

ウェブ会議システムは、遠隔地の相手と映像と音声を共有し、対面会議に加えて、同じ資料を見ながら作業を共同で進められることも可能だ。クライアントPCとインターネット回線、ヘッドセットなどがあれば利用できる。

 ウェブ会議システムは、遠隔地の相手と映像と音声を共有し、対面会議に加えて、同じ資料を見ながら作業を共同で進められることも可能なツールだ。専用装置や専用回線などが必要なテレビ会議システムやビデオ会議システムとは異なり、クライアントPCとインターネット回線、ヘッドセットなどがあれば利用できる。

 利用形態は大きく分けてクラウド型とオンプレミス型がある。初期費用が大きく変わるので、会議数や参加人数をはじめ、ウェブ会議で抑えられる出張費用などを考慮して導入するシステムを選定する必要がある。

 ウェブ会議のほかに、セミナーや研修にも利用できる機能を使いたい場合は、それが基本機能に含まれるのか、オプション対応なのかを確認しておくことをお勧めする。

1.V-CUBEミーティング

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2061文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]