ウェアラブル IDC Japan

ウェアラブルデバイスの成長が鈍化--スマートウォッチはスマホとの差別化がカギ

IDC Japanは12月15日、2016年第3四半期(2016年7~9月期)におけるウェアラブルデバイスの世界出荷台数を発表した。市場拡大がやや落ち着く傾向を見せており、2016年に入ってからは前年同期比の成長率が鈍化傾向にあるとした。

 IDC Japanは12月15日、2016年第3四半期(2016年7~9月期)におけるウェアラブルデバイスの世界出荷台数を発表した。同期間の出荷台数は前年同期比で3.1%増の2303万台。市場拡大がやや落ち着く傾向を見せており、2016年に入ってからは前年同期比の成長率が鈍化傾向にあるとした。

世界ウェアラブルデバイス市場 出荷台数推移、2015年第3四半期~2016年第3四半期
世界ウェアラブルデバイス市場 出荷台数推移、2015年第3四半期~2016年第3四半期(IDC Japan提供)

 商品タイプ別で見ると、腕時計型が942万台、リストバンド型が1268万台で市場の96.0%を占め、腕時計型とリストバンド型がウェアラブルデバイスの主流となっている。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan