勤怠管理・労務管理 テレワークマネジメント

F-Chair+:時間の記録と画面キャプチャで可視化する勤怠管理システム

勤怠管理システムの「F-Chair+」は、勤務時間の記録と勤務時間中の画面キャプチャによって、従業員の勤務実態を可視化する。オフィス勤務者だけでなくテレワークや在宅勤務にも対応、業務時間と作業内容を同時に管理する。

F-Chair+のポイント

  • 勤務時間の記録と画面キャプチャで従業員の勤務実態を可視化
  • 「着席」「退席」ボタンをクリックするだけで勤務時間を記録
  • 勤務時間中は、ランダムな間隔で画面キャプチャを自動撮影

F-Chair+の製品解説

 テレワークマネジメントの「F-Chair+」は、勤務時間の記録と勤務時間中の画面キャプチャによって、従業員の勤務実態を可視化する勤怠管理システムだ。「働いている時間」だけでなく「何をしているか」を同時に管理し、企業の働き方改革を支援する。

 勤務時間は、WindowsとMacに対応した専用のデスクトップツールから「着席」「退席」ボタンをクリックすると記録される。中抜けや細切れの勤務時間も自動集計するため、多様な働き方に対応する。また、日別と月別の作業時間を集計してタイムバー形式で表示する機能もあり、月の推移やグループ内での偏りなどを把握できる。

 勤務時間中は、ランダムな間隔で画面キャプチャを自動撮影する。これによって勤務の内容も管理できる。撮影した画像はクラウドに保管されるため、作業者は自分の勤務実態を明確に伝えることができ、管理者は勤務時間と勤務中の画面の様子を把握可能だ。オフィス勤務者のほか、テレワークや在宅勤務時も「何をしているか」を管理することができる。

F-Chair+のまとめ
用途と機能従業員の勤務実態を可視化する勤怠管理システム
特徴勤務時間の記録と勤務時間中の画面キャプチャによって、「働いている時間」だけでなく「何をしているか」を同時に管理し、企業の働き方改革を支援する
税別価格利用者数が1~10人で月額1万円、11~20人で月額2万円、21~30人で月額3万円、31~50人で月額4万5000円、51~100人で月額8万円

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]