勤怠管理・労務管理 テレワークマネジメント

F-Chair+:時間の記録と画面キャプチャで可視化する勤怠管理システム

勤怠管理システムの「F-Chair+」は、勤務時間の記録と勤務時間中の画面キャプチャによって、従業員の勤務実態を可視化する。オフィス勤務者だけでなくテレワークや在宅勤務にも対応、業務時間と作業内容を同時に管理する。

F-Chair+のポイント

  • 勤務時間の記録と画面キャプチャで従業員の勤務実態を可視化
  • 「着席」「退席」ボタンをクリックするだけで勤務時間を記録
  • 勤務時間中は、ランダムな間隔で画面キャプチャを自動撮影

F-Chair+の製品解説

 テレワークマネジメントの「F-Chair+」は、勤務時間の記録と勤務時間中の画面キャプチャによって、従業員の勤務実態を可視化する勤怠管理システムだ。「働いている時間」だけでなく「何をしているか」を同時に管理し、企業の働き方改革を支援する。

 勤務時間は、WindowsとMacに対応した専用のデスクトップツールから「着席」「退席」ボタンをクリックすると記録される。中抜けや細切れの勤務時間も自動集計するため、多様な働き方に対応する。また、日別と月別の作業時間を集計してタイムバー形式で表示する機能もあり、月の推移やグループ内での偏りなどを把握できる。

 勤務時間中は、ランダムな間隔で画面キャプチャを自動撮影する。これによって勤務の内容も管理できる。撮影した画像はクラウドに保管されるため、作業者は自分の勤務実態を明確に伝えることができ、管理者は勤務時間と勤務中の画面の様子を把握可能だ。オフィス勤務者のほか、テレワークや在宅勤務時も「何をしているか」を管理することができる。

F-Chair+のまとめ
用途と機能従業員の勤務実態を可視化する勤怠管理システム
特徴勤務時間の記録と勤務時間中の画面キャプチャによって、「働いている時間」だけでなく「何をしているか」を同時に管理し、企業の働き方改革を支援する
税別価格利用者数が1~10人で月額1万円、11~20人で月額2万円、21~30人で月額3万円、31~50人で月額4万5000円、51~100人で月額8万円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan