ファイル共有 大塚商会 スターティア トレンドマイクロ ダイレクトクラウド

容量やアクセス権限などに違いが見えるファイル共有システム5選

企業向けのファイル共有システムは、セキュリティやアクセス権限の設定が重要である。クラウド型とオンプレミス型で導入形態に違いがあるほか、ブラウザベースで利用できるか、専用クライアントで利用するかで異なる。

 企業向けのファイル共有システムは、セキュリティやアクセス権限の設定が重要である。多くのシステムが力を入れている部分であり、それぞれにセキュリティの高さを特徴にした機能を備えている。

 クラウド型とオンプレミス型で導入形態に違いがあるほか、ブラウザベースで利用できるか、専用クライアントで利用するかで異なる。それによって操作感が大きく変わるため、従業員に負担が掛からない製品選択が必要だ。

 クラウドサービスの場合は、ストレージの保存容量やファイルあたりの最大容量に制限が掛かる場合があるため、用途によってしっかりと検討する必要がある。

1.セキュアSAMBA

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1933文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan