アシックス、コラボレーション基盤をクラウドに刷新--3000人が活用

アシックスはグループ共通のコラボレーション基盤として「INSUITE」と「ひびきSm@rtDB」をAmazon Web Services上に構築し、2015年2月から運用している。国内グループ約3000人が活用している。

 アシックスはグループ共通のコラボレーション基盤として「INSUITE」と「ひびきSm@rtDB」を活用している。ドリーム・アーツが12月15日に発表した。

 INSUITEは、企業情報ポータル型グループウェアで、各企業固有の業務システムを統合し、ユーザーを付加価値の高い業務に集中できるようにする。ひびきSm@rtDBは「全社の業務」から「現場のローカルな業務」まで幅広いシステム化ニーズに対応するBPM型ウェブデータベース。アシックスは両製品をAmazon Web Services(AWS)上に構築し、2015年2月から運用している。

 アシックスの日本国内の拠点では1990年代から従来型のグループウェアを利用しており、データベースの乱立によって情報の氾濫状態に陥っていた。その後、データベースを整理し、従来のグループウェアに蓄積されていた約7000ものデータベースを業務の見直しとひびきSm@rtDBへの移行で700まで削減した。今回の導入で、乱立した情報をINSUITEで集約して利用する取り組みが加速しており、国内グループ約3000人のIT基盤刷新が進められている。

 アシックスは、多様化する消費者ニーズを見極め、顧客と密にコミュニケーションすることで、顧客基盤の拡大を目指している。今回の導入は、スリムでシームレスなグローバル組織体制と柔軟なワークスタイルへの対応が目的。同社は、海外拠点を含むグループ全体のメールやスケジュール機能をGoogle Appsに統一している。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
CMS
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan