文書管理 野村総合研究所

e-BANGO /image α:マイナンバー法と電帳法に対応の書類電子化管理サービス

「e-BANGO /image α」は、企業の重要書類を安全に電子化するサービス。マイナンバー法、電子帳簿保存法に対応したさまざまな機能により、高いセキュリティレベルを確保。重要書類の電子化から管理、破棄までを一括して支援する。

e-BANGO /image αのポイント

  • 書類を専用スキャナで電子化し、データセンターで管理
  • マイナンバー法、電子帳簿保存法のシステム要件に対応
  • 破棄日の予約登録で当該書類の検索と破棄が実行、記録される

e-BANGO /image αの製品解説

 野村総合研究所(NRI)の「e-BANGO /image α」は、企業の重要書類を安全に電子化するサービスだ。書類を専用スキャナで電子化し、インターネット環境から完全に隔離したデータセンターで管理される。個人情報や機密情報を含めた重要書類の電子化からデータ保存、破棄までを支援するサービスとなっている。

編集部おすすめの関連記事

 マイナンバー法では、マイナンバーが記載された帳簿類の厳密な保管と、保存年限が到来した後の確実な破棄が求められている。また、2016年1月に改正された電子帳簿保存法では、スキャナ保存の要件が緩和された。これにより、紙の重要書類を電子化することで、管理の負荷やリスクを軽減することが可能になる。

 製品の特徴の1つは、高いセキュリティレベルが確保されていることだ。利用企業が専用スキャナで電子化した書類データは、専用回線を通じて同社データセンターに送られ、そこで安全に管理される。また、マイナンバー法、電子帳簿保存法の技術的安全管理措置要件を満たすセキュリティ機能を備えるほか、帳簿書類の真実性を担保する「解像度」「タイムスタンプ付与」「タイムスタンプ一括検証」「アクセス権限付与」「アクセスログ記録」や、可視性を担保する「照会検索」など多くの機能を備えている。

 保管期限を管理する独自機能により、破棄日を予約登録しておけば、自動で当該書類の検索と破棄が実行、記録される。

 書類スキャンについては、帳票レイアウトから帳票の種類を自動識別する。また、過去の膨大な書類のスキャン作業を支援するアウトソーシングサービスも別途提供している。

e-BANGO /image αのまとめ
用途と機能企業の重要書類を安全に電子化するサービス
特徴タイムスタンプ付与やアクセスログ記録などマイナンバー法と電子帳簿保存法のシステム要件に対応。破棄する日を予約登録しておけば、自動で検索、破棄される

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan