営業ツール ネクスウェイ

ネクスウェイのインサイドセールス:リードの見極めなどの営業活動を専門部隊が支援

「ネクスウェイのインサイドセールス」は、社内のインサイドセールス業務をアウトソーシングで請け負うサービス。同社の専門家が、リードの見極めやナーチャリング、チューニングを実施し、最適なタイミングでリード情報を営業へを引き渡す。

インサイドセールスのポイント

  • 社内のインサイドセールス業務をアウトソーシングで請け負う
  • リードの見極めやナーチャリング、チューニングを実施
  • 最適なタイミングでリード情報を営業へを引き渡す

インサイドセールスの製品解説

 「ネクスウェイのインサイドセールス」は、社内のインサイドセールス業務をアウトソーシングで請け負うサービスだ。同社の専門家が、見込み顧客(リード)の見極めや育成(ナーチャリング)、チューニングを実施し、最適なタイミングでリード情報を営業へを引き渡す。

編集部おすすめの関連記事

 利用企業の現状整理やカスタマイズされたコミュニケーションプランを設計するプランナー、人材調達や現場コーチング、進捗管理、ノウハウの共有を担当するスーパーバイザー(SV)、リード管理や顧客管理、アプローチ、ナーチャリングを実施するインサイドセールス担当者(SDR)によるユニット体制で運用されている。最適なタイミングでフィールドセールスができるように電話によるアポイントや必要な情報などを提供する。

 7000社の法人営業にサービスを提供している実績があり、インサイドセールスモデル特有の管理指標や営業プロセス、コミュニケーション方法、分析方法、ツール活用などを熟知しているという。また、米国で設立されたインサイドセールス専門協会「AA-ISP」の日本支部を運営しており、そのノウハウをローカライズして提供している。

 導入の流れは、まず現状のヒアリングやコミュニケーションプランの設計からスタートする。電話やウェブなどのアプローチを実行後に定例ミーティングを開き、施策のブラッシュアップを図っていく。

ネクスウェイのインサイドセールスのまとめ
用途と機能社内のインサイドセールス業務をアウトソーシングで請け負うサービス
特徴インサイドセールスの専門家が、見込み顧客(リード)の見極めや育成(ナーチャリング)、チューニングを実施し、最適なタイミングでリード情報を営業へを引き渡す
導入企業Jストリーム、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan