ETL EAI/ESB アシスト アプレッソ インフォテリア データ・アプリケーション ユニリタ

改めて考えるデータ連携の重要性--(3)気になるAPIやマイクロサービスとの関係

“ハイブリッドクラウド”が当たり前になりつつある現在、EAIやETLなどの“データ連携”ツールの重要性が増している。座談会の第3回では、ウェブサービスをつなぐのに一般的となりつつあるAPIとの関係、今後のアーキテクチャとして注目される“マイクロサービス”を話題にした。

 オンプレミスとパブリッククラウドのシステムが連携する“ハイブリッドクラウド”が当たり前になりつつある現在、企業アプリケーション統合(Enterprise Application Integration:EAI)やETL(Extract/Transform/Load)などの“データ連携”ツールの重要性が増している。こうした状況を踏まえ、TechRepublic Japanはデータ連携ツールを提供するベンダー5社による座談会を開催した。参加したのは以下の5人(肩書き、開発提供する製品名)。

  • アシスト 田中貴之(情報基盤事業部 製品統括部 技術3部 部長、「Syncsort DMExpress」)
  • アプレッソ 小野和俊(代表取締役社長、「DataSpider」)
  • インフォテリア 熊谷晋(ASTERIA事業本部長、「ASTERIA」)
  • データ・アプリケーション(DAL) 大澤健夫(マーケティング本部 本部長、「RACCOON」)
  • ユニリタ 秋山泰(取締役 執行役員 プロダクト事業本部 プロダクト開発部長、「Waha! Transformer」)

 第1回では、クラウドサービスが普及したことで、ユーザー部門が主導してデータ連携ツールを導入する現状が明確になり、第2回では、いまだ多い手組み開発の功罪が浮かび上がってきた。第3回の今回は、現在ウェブサービスをつなぐのに一般的となりつつあるAPIとの関係、今後のアーキテクチャとして注目される“マイクロサービス”について語ってもらった。

APIをより使いやすくし、利便性を高める

――ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの活用が広がる中で、ウェブサイトの連携では、APIを使ったシステム連携が当たり前になりつつあります。APIとデータ連携ツールの関係はどうなっているのでしょうか。

残り本文:約2648文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan