AI・機械学習

2020年までのロボット技術予想--ロボット・アズ・ア・サービスや最高ロボット責任者も

IDCは、ロボット技術が2017年から2020年にかけてどのように進歩するか検討し、10件の予想を発表した。

 IDCは、ロボット技術が2017年から2020年にかけてどのように進歩するか検討し、10件の予想を発表した。

 IDC世界ロボット担当調査ディレクター兼アジア太平洋地域製造インサイトのJing Bing Zhang氏は、「人工知能(AI)、コンピュータビジョン、ナビゲーション、MEMSセンサ、半導体の技術的な発展が、工業用およびサービス用ロボットの機能、性能、自律性、使いやすさ、コスト効率に革新を起こし続ける」とした。そのうえで、2017年以降のロボット分野における大きな10件のトレンドを挙げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約961文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]