データセンター IDC Japan

国内DCサービス市場、2016年は6.7%増の1兆953億円

IDC Japanは12月7日、国内データセンター(DC)サービス市場の最新予測を発表した。2016年は「コロケーション」が全体の55%を占め、次いで「従来型ホスティング」が23%、「クラウドデリバリー・ホスティング」は22%を占める見込みとなっている。

 IDC Japanは12月7日、国内データセンター(DC)サービス市場の最新予測を発表した。2016年は「コロケーション」が全体の55%を占め、次いで「従来型ホスティング」が23%、「クラウドデリバリー・ホスティング」は22%を占める見込みとなっている。

 今回の調査では、国内DCサービス市場を「コロケーション」「クラウドデリバリー・ホスティング」「従来型ホスティング」の3つのセグメントに分けて市場を予測している。

 しかし、クラウドデリバリー・ホスティング市場の2015~2020年の年平均成長率(CAGR)は23.8%と急激な伸びを示す一方、従来型ホスティング市場のCAGRはマイナス3.1%となるとIDCでは見ている。その結果、2017年にはクラウドデリバリー・ホスティングが従来型ホスティングを規模で抜くと予測している。

国内データセンターサービス市場 売上額予測、2015~2020年
国内データセンターサービス市場 売上額予測、2015~2020年(IDC Japan提供)

 IDCでは、2016年の国内DCサービス市場の規模は前年比6.7%増の1兆953億円、2015~2020年のCAGRは7.0%になる見込みとしている。この背景として、自社サーバルームから事業者DCへシステム移設する企業や、既存DCから耐震性能の高いDCへのマイグレーション事例が増えていることを挙げている。

 またオンラインゲーム、映像配信などのネットビジネスの市場成長にあわせてサーバ能力の増強が求めれている状況も、DCサービス市場の拡大に寄与しているとした。

 今回の調査結果について、クラウドサービスへの企業移行によって、国内DCサービス市場は「高成長分野」と「マイナス成長分野」に二極分化していると指摘。クラウドサービスと自社DCサービスの相互接続性がDCサービス事業者にとっての競争優位の要因となりつつあるとしている。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan