決済システム セイコーソリューションズ

CAPS:決済センターと金融機関、加盟店をつなぐカード自動決済パッケージ

カード自動決済パッケージの「CAPS」は、決済センターと金融機関、加盟店の間で必要な決済インフラを構築する。クレジットカードやデビットカードのほか、ATM接続、マルチペイメントなどにも対応。

CAPSのポイント

  • 決済センターと金融機関、加盟店の間で必要な決済インフラを構築
  • クレジットやデビットなどのカード決済、ATM接続、マルチペイメントに対応
  • 外貨や「銀聯カード」などの決済にも対応

CAPSの製品解説

 セイコーソリューションズの「CAPS」シリーズは、決済センターと金融機関、加盟店の間で必要な決済インフラを構築するカード自動決済パッケージだ。クレジットカードやデビットカードのほか、銀行ATMと連携してカード決済するATM接続、マルチペイメントなどにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 「CAPS for CAFIS」「CAPS for CARDNET」「CAPS P-QVIC」の3つが用意されている。

 for CAFISは、加盟店システムや金融機関センターと、クレジットカードの与信照会などをオンラインで処理するサービス「CAFIS」(NTTデータ運営)のセンターを接続する。for CARDNETは、クレジットカード決済サービスネットワーク「CARDNET」(日本カードネットワーク運営)のセンターと加盟店システムを接続する。

 P-QVICは、クレジットカードに加えて、ポストペイ型の電子マネーなどの決済システムを集約した統合パッケージ。CAFISとCARDNETとの平行利用が可能。

 for CAFISとfor CARDNETは、与信や売り上げをはじめ決済業務の一括サポート、運用管理に関する業務やコスト負担の軽減、CAFISセンターとTCP/IP接続手順のサポート、CAFIS仕様電文フォーマットの自動変換など、幅広い業務を効率化する。また、ユーザーシステムの開発言語にフレキシブルに対応するほか、開発を支援するシミュレータ機能や運用時のセキュリティ対策もポイントといえる。さらに、CAFISセンターとの契約経路数での価格設定となっており、契約経路数の増加にも追加ライセンス料で対応するため、無駄のないシステム拡張が可能だ。

 P-QVICは、ハードウェア暗号モジュール(HSM)でのアクセスキー管理、ログと通信の暗号化など、ICカード対応の決済システムを構築できる。加えて、外貨決済システムの導入、決済システムの集約、中国人観光客の利用増加に向けた「銀聯カード」対応、経理処理にかかる業務運用負担の軽減、「iD」「QUICPay」「Visa Touch」といったポストペイ型の決済スキームへの対応、複数決済センターの対応も可能となってる。

CAPS P-QVICのシステム構成例
CAPS P-QVICのシステム構成例(セイコーソリューションズ提供)
CAPSのまとめ
用途と機能決済センターと金融機関、加盟店の間で必要な決済インフラを構築するカード自動決済パッケージ
特徴クレジットカードやデビットカードのほか、銀行ATMと連携してカード決済するATM接続、マルチペイメントなどにも対応する
導入企業ペイジェント、新出光、生活協同組合コープさっぽろ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan