IDC Japan

事業者データセンターの電力供給能力は増加傾向、面積あたりの消費電力が増大

国内事業者データセンターに収容可能なサーバラック1本あたりの電力キャパシティは、2016年末時点の平均値で2.87KVAと推定。古いデータセンターの稼働率は低下し、データセンター事業者にとっての収益力低下の要因にもなっている。

 IDC Japanは12月8日、2016年の国内データセンター電力キャパシティ調査の結果を発表した。国内データセンターの電力キャパシティをセンター内に設置されるハードウェアへの電力供給能力で推計した。

 通常、データセンターのキャパシティは、面積や収容可能なサーバラック数で表されることが多いが、今回の調査では、電力供給能力(ワット=Wまたはボルトアンペア=VA)で表している。

 調査結果によると、国内事業者データセンターに収容可能なサーバラック1本あたりの電力キャパシティは、2016年末時点の平均値で2.87KVAと推定される(1KVAはほぼ1KWに相当する)。データセンターの竣工年代別に見ると、1999年以前ではラックあたり平均1.35KVA、2000~2009年では同平均2.62KVA、2010年以後では同平均6.02KVAとなった。

国内事業者データセンターの2016年末時点での電力供給能力(ラックあたり平均値、IDC提供)
国内事業者データセンターの2016年末時点での電力供給能力(ラックあたり平均値、IDC提供)

 IDCは、この結果について、サーバ処理能力の向上による小型化の傾向に加えて、2000年代後半から仮想化によるサーバの統合と集約、さらにクラウド環境の利用拡大により、ラック内のサーバ集約度が高まり、面積あたりの消費電力が増大しているためだとしている。

 電力キャパシティの低い、古いデータセンターでこれまで運用されてきたハードウェアは、次々に新しいデータセンターへ移設されつつあるという状況を踏まえ、市場では、最新仕様のデータセンターに対する需要が伸びる一方、古いデータセンターの稼働率は低下し、データセンター事業者にとっての収益力低下の要因にもなっているとした。

 顧客のサーバ群が設置されている限り運用停止できない、古いデータセンターの余剰キャパシティの削減が今後、データセンター事業者にとって課題となるとしている。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan