EAI/ESB セイコーソリューションズ

ROS3:全銀/JCA、流通BMS、WebEDIなどに対応のEDIパッケージ--SFTPもサポート

EDIパッケージの「ROS3」は、システムの構築から運用、保守、サポートまでを提供。全銀/JCA手順や流通BMS、WebEDIなどにオプションで対応、SFTPも利用できる。

ROS3のポイント

  • EDIシステムの構築・運用から保守やサポートまでをワンストップで提供
  • APIや外部アプリケーション連携ジョブコマンドによるアプリケーションに組み込み可能
  • 相手先数やファイル数などのユーザー制限がなく、全銀BSCやJCA手順でも回線数に応じてUST追加が可能

ROS3の製品解説

 セイコーソリューションズの「ROS3(ロスキュービック)」は、独自開発の統合電子データ交換(EDI)パッケージ。必要な機能のみを組み合わせた最適なEDIシステムを構築でき、運用や保守、サポートまでを提供する。全銀、JCA、全銀TCP/IP、FTP、SFTP、WebEDI、流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)に対応。HULFTとの連携も可能。

編集部おすすめの関連記事

 統合EDI構築に関しては、幅広い通信手順とファイル形式に対応しており、異なるプラットフォーム同士のデータ伝送が容易。EDIシステムで必須の運用管理機能も標準サポートしている。従来のEDIで課題となっていたプロトコルフォーマットの違いを気にすることなく、オープンなEDIシステムを構築できる。

 全銀/JCA手順対応については、全銀/JCAプロトコルを標準装備。豊富なAPIと外部アプリケーション実行コマンドを用意し、外部のアプリケーションやプロダクトと容易に連携が可能だ。

 また、インターネットを利用したEDI接続にはセキュリティ対策が必須であり、基幹システムや社内システム向けのファイル交換にも厳格なセキュリティが求められることから、SSH暗号化経路を確立してファイルを送受信するSFTPオプションも用意されている。これにより、インターネット回線での利用においても安全なファイル伝送を可能にするほか、サーバ/クライアント機能と公開鍵認証にも対応している。

統合EDI構築のシステム構成例
統合EDI構築のシステム構成例
ROS3のまとめ
用途と機能必要な機能のみを組み合わせた最適なEDIシステムを構築でき、運用や保守、サポートまでを提供
特徴全銀、JCA、全銀TCP/IP、FTP、SFTP、WebEDI、流通BMSに対応。HULFTとの連携も可能。幅広い通信手順とファイル形式に対応しており、異なるプラットフォーム同士のデータ伝送が容易
導入企業第一倉庫冷蔵、熊本流通情報センター、北國銀行、スリーエフ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan