運用管理 セイコーソリューションズ

Time Server:ネットワーク上の時刻を同期--システムの時間トラブルを解消

NTPサーバの「Time Server」は、ネットワーク上のあらゆる機器に標準時刻を高精度に配信し、時刻を同期させる。LANに特化したPTPにも対応。GPSや長波、FMなどの時刻ソースに対応している。

Time Serverのポイント

  • ネットワーク上の各種機器に標準時刻を高精度に配信、時刻を同期
  • GPSやテレホンJJY、長波JJY、FMなどニーズや予算に応じたモデルを用意
  • タイムモニターやタイムディスプレイといった関連製品とも組み合わせ可能

Time Serverの製品解説

 セイコーソリューションズの「Time Server」は、ネットワーク上のあらゆる機器に標準時刻を高精度に配信し、時刻を同期できるNetwork Time Protocol(NTP)サーバだ。金融機関や医療機関、放送局、データセンターなどで運用する業務システムの時刻同期によるトラブルを解消する。

編集部おすすめの関連記事

 LANで使えて高精度に時刻を同期できるPrecision Time Protocol(PTP)対応のグランドマスタークロックモデル「TS-2950/TS-2910」、時刻ソースを冗長化したハイエンドモデル「TS-2850」、高精度水晶を内蔵したミドルレンジモデル「TS-2550」、使いやすさを追求した高機能標準時刻サーバ「TS-2540」、充実機能の新スタンダードモデル「TS-2210」、多彩なタイムコード出力と基準信号出力に対応した「TS-2335」と多彩。

 人工衛星利用測位システム(GPS)や電話のアナログ回線で時刻を同期する“テレホンJJY”、長波で合わせる“長波JJY”、FMラジオの時報で合わせる“FM”といった方式を選べる。長波JJY以外はアンテナなどが必要になる。

 また、サーバやネットワーク機器の時刻監視と時刻のズレを通知する時刻監視装置「TM-2110」、光と音で異常を知らせる表示灯付きタイムディスプレイ「TD-450」、タイムサーバと連携して正確な時刻を表示する7セグメントLEDディスプレイ「TD-210」といった関連製品もラインアップ。これらの組み合わせで各種業務システムの運用におけるさまざまな時刻トラブルを防ぎ、セキュリティや業務効率の改善を支援する。

Time Serverの利用イメージ
Time Serverの利用イメージ
Time Serverのまとめ
用途と機能ネットワーク上のあらゆる機器に標準時刻を高精度に配信し、時刻を安全に同期できるNTPサーバ
特徴GPSやテレホンJJY、長波JJY、FMといった方式に対応している。時刻監視装置、表示灯付きタイムディスプレイ、7セグメントLEDディスプレイも用意する
導入企業東京大学 情報基盤センター、デジタルガレージ イーコンテクストカンパニー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]