運用管理 NEC 野村総合研究所 日立製作所 富士通 日本マイクロソフト

メインフレームベンダーが強みを発揮--定番の運用管理ツール5選

運用管理ツールの歴史は、メインフレーム時代にまでさかのぼる。その流れから、国産メインフレームベンダーの製品が根強い。統合運用管理ツールの定番製品を5つ紹介する。

 運用管理ツールの歴史は、メインフレーム時代にまでさかのぼる。メインフレームで実行する処理を自動化するジョブ管理やデータバックアップの支援ツールを、主としてメインフレーム各社が提供していたのが始まりである。

 その後、業務系システムのオープン化に伴い、さまざまなベンダーが相次いで運用管理ツールの提供を開始した。運用管理ツールが提供する機能には大きく分けて、(1)ジョブやバックアップの自動化、(2)パフォーマンス監視や障害検出と復旧、(3)資産管理とセキュリティ対策――の3つがある。

 この記事では、これらの機能をまとめて提供することで運用管理を支援する「統合運用管理ツール」の定番製品を5つ紹介する。運用管理ツールの“流れ”から、国産メインフレームベンダーの製品群が3つを占める。

1.JP1

 日立製作所の「JP1」は、1994年に販売を開始して以来、金融をはじめとする各種産業や官公庁など、さまざまな業種と企業規模に導入実績がある運用管理ツール群である。最新版の「JP1 Version 11」では、月額課金で利用できるSaaS「JP1 SaaS」を追加した。

 運用自動化、ジョブ管理、バックアップ管理、ITサービス管理、パフォーマンス管理、ネットワーク管理、資産管理、配布管理、セキュリティ管理の各製品を用意。Windows、Linux、UNIXといった各種プラットフォームをはじめ、クラスタ構成、クラウド環境、仮想化基盤といった幅広い環境に適用可能だ。

 SaaS型のJP1 SaaSは、環境構築やメンテナンスが不要であり、短期間で使い始められるほか、利用者数や処理量の変化に柔軟に対応できる。サービスのラインアップとして、高速大容量のファイル転送、IT資産管理、配布管理を用意する。

 Amazon Web Services(AWS)のIaaS環境でJP1を利用することも可能だ。サーバ環境や環境構築、メンテナンスは、利用企業が管理する。

 参考価格は、IT運用を自動化する場合の構成で、ソフトウェア合計が185万3000円、サポートサービス合計が年額49万800円、など。システムの長期安定稼働を実現するサポートサービス「日立サポート360」により、同一バージョンで最低10年間のサポートを保証する。さらに、全国4万人以上のJP1資格認定取得者が、構築作業の支援やシステム変更時のコンサルテーションに対応する。

JP1

2.Systemwalker

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2274文字 ログインして続きを読んでください。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]