運用管理 NEC 野村総合研究所 日立製作所 富士通 日本マイクロソフト

メインフレームベンダーが強みを発揮--定番の運用管理ツール5選

運用管理ツールの歴史は、メインフレーム時代にまでさかのぼる。その流れから、国産メインフレームベンダーの製品が根強い。統合運用管理ツールの定番製品を5つ紹介する。

 運用管理ツールの歴史は、メインフレーム時代にまでさかのぼる。メインフレームで実行する処理を自動化するジョブ管理やデータバックアップの支援ツールを、主としてメインフレーム各社が提供していたのが始まりである。

 その後、業務系システムのオープン化に伴い、さまざまなベンダーが相次いで運用管理ツールの提供を開始した。運用管理ツールが提供する機能には大きく分けて、(1)ジョブやバックアップの自動化、(2)パフォーマンス監視や障害検出と復旧、(3)資産管理とセキュリティ対策――の3つがある。

 この記事では、これらの機能をまとめて提供することで運用管理を支援する「統合運用管理ツール」の定番製品を5つ紹介する。運用管理ツールの“流れ”から、国産メインフレームベンダーの製品群が3つを占める。

1.JP1

 日立製作所の「JP1」は、1994年に販売を開始して以来、金融をはじめとする各種産業や官公庁など、さまざまな業種と企業規模に導入実績がある運用管理ツール群である。最新版の「JP1 Version 11」では、月額課金で利用できるSaaS「JP1 SaaS」を追加した。

 運用自動化、ジョブ管理、バックアップ管理、ITサービス管理、パフォーマンス管理、ネットワーク管理、資産管理、配布管理、セキュリティ管理の各製品を用意。Windows、Linux、UNIXといった各種プラットフォームをはじめ、クラスタ構成、クラウド環境、仮想化基盤といった幅広い環境に適用可能だ。

 SaaS型のJP1 SaaSは、環境構築やメンテナンスが不要であり、短期間で使い始められるほか、利用者数や処理量の変化に柔軟に対応できる。サービスのラインアップとして、高速大容量のファイル転送、IT資産管理、配布管理を用意する。

 Amazon Web Services(AWS)のIaaS環境でJP1を利用することも可能だ。サーバ環境や環境構築、メンテナンスは、利用企業が管理する。

 参考価格は、IT運用を自動化する場合の構成で、ソフトウェア合計が185万3000円、サポートサービス合計が年額49万800円、など。システムの長期安定稼働を実現するサポートサービス「日立サポート360」により、同一バージョンで最低10年間のサポートを保証する。さらに、全国4万人以上のJP1資格認定取得者が、構築作業の支援やシステム変更時のコンサルテーションに対応する。

JP1

2.Systemwalker

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2274文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]