クラウド クラウドサービス

クラウドは単に「他人のコンピュータ」?--経緯や定義からあらためて考える

「クラウドは他人のコンピュータに過ぎない」という言説を最近よくインターネット上で目にする。ここでは、クラウドがそれ以上の存在であることを見ていく。

 クラウドは他人のコンピュータに過ぎない、という言説を最近よくインターネット上で目にする。そうした意見の根拠は筆者も理解できる。

 人々はクラウドについて、他人の所有するリモートマシン上にある、ファイルを保存するための(そして、それ以外の用途はほとんどない)場所としか考えていない。ある時点では、それは事実だったかもしれない。私たちは「Dropbox」や「Google Drive」などの「クラウド」サービスに自分のファイルを保存していた。そして、それらのサービスは実際にサーバを美化したものに過ぎないように思えた。

 しかし、クラウドはその後、大幅な進化を遂げているので、先に述べた意見は今では全くの見当違いだ。

クラウドの簡単な歴史

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2368文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan