その他データベース ファイルメーカー

毎月東京ドーム同等の建坪を施工管理--旭化成ホームズが表計算ソフトをやめた理由

住宅事業を手掛ける旭化成ホームズは、月間で約4000坪にもおよぶマンションの施工を管理している。表計算ソフトの施工管理では対応に限界を感じ、マンション施工管理システムをデータベースソフトウェア「FileMaker」で開発した。

 旭化成グループの中で住宅事業を手掛ける旭化成ホームズ(東京都)は、新築請負事業の戸建住宅「ヘーベルハウス」と集合住宅「ヘーベルメゾン」を中心に、分譲マンション「アトラス」、中古マンション開発「ストックヘーベルハウス」、賃貸事業「ヘーベルROOMS」など、住まいに関わる幅広いサービスを展開している。

 同社は、月間で約4000坪にもおよぶ施工を管理しており、そのマンション施工管理システムをデータベースソフトウェア「FileMaker」で開発した。精度の高い情報を速やかに共有することで、業務効率の向上と施工力の最大化を実現している。

表計算ソフトの施工管理では対応に限界が

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1790文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan