文書管理 日商エレクトロニクス

e-Entry Express+:ダブルエントリ方式を採用したウェブ型イメージエントリシステム

イメージエントリシステム「e-Entry Express+」は、在宅拠点や国内外の支店など場所を選ばずに利用可能だ。ダブルエントリ方式を採用し、第三者がアンマッチ箇所を補正入力できるほか、情報から個人を特定させないイメージ分割機能を備える。

e-Entry Express+のポイント

  • 場所を問わず利用できるウェブ型のイメージエントリシステム
  • ダブルエントリ方式を採用し、第三者がアンマッチ箇所を補正入力できる
  • 情報から個人を特定させないイメージ分割機能を備える

e-Entry Express+の製品解説

 日商エレクトロニクスの「e-Entry Express+」は、イメージ帳票と入力フォームを単一画面で表示し、入力業務を行うイメージエントリシステムだ。ウェブシステムであるため、在宅拠点や国内外の支店など場所を選ばずに利用できる。対象帳票や業務形態にあわせて効率的な入力業務を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 e-Entry Express+では、1つの帳票に対して2人のオペレーターが別々に入力してできたデータをシステム内で比較し、第三者がアンマッチ箇所を補正入力するダブルエントリ方式を採用。これにより、一定の品質を保ちながらクリーンなデータを生成することが可能となっている。

 帳票定義ツール「フォームデザイナー」は、文字種別や文字数などをプロパティ画面で設定し、フィールドの位置やハイライト箇所はマウス操作で設定あるいは座標設定できる。必須入力、全桁入力などの精査項目もプロパティ項目を選択することで設定可能となっている。プラグイン機能によるマスタ連携もサポートしている。入力業務の進捗状況やオペレーター入力実績をデータとして抽出可能だ。帳票ごとにアクセスを許可するユーザーを登録でき、さらに各ユーザーに対して処理を許可するタスクを設定することもできる。

 フォーム認識機能、光学文字認識(OCR)機能などをオプションで提供する。帳票の形状やバーコードなどをキーとして帳票を判別でき、複数帳票を扱っている場合でも帳票と入力フォームを自動で設定可能だ。また、フォーム認識をした後に該当箇所をOCR機能で自動で読み取り、入力フォームに登録できる。機械印字された文字はOCRで自動入力し、オペレーターは手書き部分のみを入力するといったように帳票にあわせて効率化を図れる。

 そのほか、万が一の事態に備えて、いつ、誰が、何をしたかを蓄積するアクセスログ、情報から個人を特定させないイメージ分割といったセキュリティ対策も備えている。

イメージ分割の例
イメージ分割の例(日商エレクトロニクス提供)
e-Entry Express+のまとめ
用途と機能イメージ帳票と入力フォームを単一画面で表示し、入力業務を行うイメージエントリシステム
特徴ウェブシステムであるため、在宅拠点や国内外の支店など場所を選ばずに利用できる。対象帳票や業務形態にあわせて効率的な入力業務を可能にする

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan