グループウェア

クラウドでの導入がほぼ定着--社内の情報共有を支援する定番グループウェア5選

企業内での情報共有を支援するグループウェアは、業務効率化や生産性向上に欠かせないツールだ。オンプレミス版とクラウド版があるが、最近ではクラウド版を導入する企業が増えている。主要なグループウェアを5つ紹介する。

 企業内での情報共有を支援するグループウェアは、業務効率化や生産性向上に欠かせないツールだ。スケジュール管理をはじめ、メッセージ、文書管理、ファイル共有、ワークフローなどの機能を備えている。

 提供形態は大きく分けて、オンプレミス版とクラウド版がある。最近では、クラウド版を導入する企業が増えている。サイボウズによると、グループウェア「サイボウズOffice」を新規契約した企業の90%以上がクラウド版を採用しているという。

 クラウド版は、モバイル環境からでも手軽に接続しやすいほか、少ない初期コストで短期間に導入できる、サーバを管理する必要がない、離れた場所の拠点に導入しやすい――などのメリットがある。一方、オンプレミス版は、社内運用でセキュリティを確保しやすい、ソフトウェアをカスタマイズしやすいといったメリットがある。

 ここでは、主なグループウェア5製品を紹介する。いずれもクラウド環境で利用でき、うち2製品はクラウドサービスでのみ提供する。

1.サイボウズOffice

 サイボウズOfficeは、スケジュール管理や掲示板などの基本機能に加えて、ウェブデータベース機能「カスタムアプリ」を搭載した国産グループウェアである。2016年10月時点で、中堅中小企業を中心に5万1000社を超える企業に導入実績がある。

 スケジュール、施設予約、メッセージ、掲示板、ファイル管理、ワークフロー、ウェブメール、電話メモ、アドレス帳、ユーザー名簿、報告書、プロジェクト管理、ToDoリスト、タイムカードなどの機能を装備。カスタムアプリでは、簡易データベース機能を使う業務アプリケーションを作成できる。

 スケジュールと施設予約では、個人の予定やチームの予定を共有し、ホワイトボードに書き込むように使える。部門ごとに上司や部下の予定を一覧表示したり、空き時間検索によってスケジュール調整をしたりして、効率良くスケジュールを共有できる。

 クラウド版はスタンダードコースが1ユーザーあたり月額500円、カスタムアプリを作成できるプレミアムコースが1ユーザーあたり800円。パッケージ版はスタンダードコースが10ユーザーで6万3800円、プレミアムコースが10ユーザーで8万2800円、など。

サイボウズOffice

2.Office 365

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1960文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan