データ分析

MS「Power BI」入門--新UIや「Azure」ベースAI機能に対応したデータ視覚化ツール

マイクロソフトが同社データ視覚化ツールスイート「Power BI」をアップデートした。ここでは、同スイートについて知っておくべきことを説明する(2016年12月6日公開、2019年7月3日更新)。

 ビッグデータ革命は今も本格的に続いており、企業は自らが追跡できるあらゆるビジネスインタラクションについて、ますます多くのデータを生み出し続けている。これを、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)経由で接続された端末やセンサーが生成するようになった大量のデータと組み合わせて考えると、データ視覚化の改善に対する普遍的なニーズを理解できるはずだ。

 こうして生み出されたすべてのデータは、有益な情報に変換して、意思決定者がそれを利用できるようにする必要がある。ダッシュボードやレポートという形のデータ視覚化は部署の垣根、時には国境さえ越えて、組織内の至る所で開発および共有されなければならない。

 Microsoftの「Power BI」データ視覚化ツールスイートの狙いは、データを有益な情報に変換できるようにすることだ。今回の入門記事では、Microsoftのデータ視覚化ツールセットPower BIについて知っておくべきことをすべて説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3989文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]