データ分析

マイクロソフト「Power BI」入門--収集したデータを有益な情報に変換する視覚化ツール

ここでは、マイクロソフトのデータ視覚化ツールスイート「Power BI」について知っておくべきことを説明する。

 ビッグデータ革命は今も本格的に続いており、企業は自らが追跡できるあらゆるビジネスインタラクションについて、ますます多くのデータを生み出し続けている。これを、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)経由で接続された端末やセンサが生成するようになった大量のデータと組み合わせて考えると、データ視覚化の改善に対する普遍的なニーズを理解できるはずだ。

 こうして生み出されたすべてのデータは、有益な情報に変換して、意思決定者がそれを利用できるようにする必要がある。ダッシュボードやレポートという形のデータ視覚化は部署の垣根、時には国境さえ越えて、組織内の至る所で開発および共有されなければならない。

 Microsoftの「Power BI」データ視覚化ツールスイートの狙いは、データを有益な情報に変換できるようにすることだ。今回の入門記事では、Microsoftのデータ視覚化ツールセットPower BIについて知っておくべきことをすべて説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1840文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan