購買管理 NEC

購買WEBEDI/STANDARD:仕入先からの購買業務を自動化するクラウドサービス

「購買WEBEDI/STANDARD」は、基幹システムと連携して発注や納期回答の送受信を自動化できる。初期費用や月額費用は全て契約した発注企業に課せられ、受注企業にコストは発生しない。

購買WEBEDI/STANDARDのポイント

  • 仕入先向けの購買業務を自動化できるクラウドサービス
  • 統一した様式で帳票を一元管理、費用は発注企業が支払う
  • カスタマイズ部分まで含めた保守と運用サポートを提供

購買WEBEDI/STANDARDの製品解説

 NECの「購買WEBEDI/STANDARD」は、原材料や資材などの購買業務をオンラインで一元管理できる調達支援サービスだ。海外も含めた仕入先への発注業務を自動化するほか、統一した様式で帳票を管理できるため業務の効率化につながる。

編集部おすすめの関連記事

 基幹システムと連携し、発注データや納期回答データの送受信を自動化。利用状況にあわせて機能追加や画面デザインの変更、システム連携などを追加できるセミオーダー型のため、短期間かつ低コストでの構築を可能する。また、ファクスや多言語、多通貨にも対応する。

 主な機能は、発注者の参照をはじめとしたユーザー管理や注文データの一括確認、注文データに対する分納回答などで、発注者独自の帳票形式を印刷することも可能だ。初期費用や月額費用は全て契約した発注企業に課せられ、受注企業にコストは発生しない。

 システムはデータセンターで運用し、冗長化して高い安定性を担保している。ファイアウォールやセキュリティパッチといった対策のほか、カスタマイズ部分まで含めた保守と運用サポートを提供する。

購買WEBEDI/STANDARDの利用イメージ
購買WEBEDI/STANDARDの利用イメージ(NEC提供)
購買WEBEDI/STANDARDのまとめ
用途と機能仕入先への購買業務を自動化、一元管理できる調達支援サービス
特徴購買業務の自動化により業務効率化やコスト削減を可能とし、ファクスや多言語、多通貨にも対応。個別のカスタマイズや高いセキュリティも備え、帳票印刷や分納回答などの機能も搭載している
導入企業明治乳業、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan