購買管理 NEC

購買WEBEDI/STANDARD:仕入先からの購買業務を自動化するクラウドサービス

「購買WEBEDI/STANDARD」は、基幹システムと連携して発注や納期回答の送受信を自動化できる。初期費用や月額費用は全て契約した発注企業に課せられ、受注企業にコストは発生しない。

購買WEBEDI/STANDARDのポイント

  • 仕入先向けの購買業務を自動化できるクラウドサービス
  • 統一した様式で帳票を一元管理、費用は発注企業が支払う
  • カスタマイズ部分まで含めた保守と運用サポートを提供

購買WEBEDI/STANDARDの製品解説

 NECの「購買WEBEDI/STANDARD」は、原材料や資材などの購買業務をオンラインで一元管理できる調達支援サービスだ。海外も含めた仕入先への発注業務を自動化するほか、統一した様式で帳票を管理できるため業務の効率化につながる。

編集部おすすめの関連記事

 基幹システムと連携し、発注データや納期回答データの送受信を自動化。利用状況にあわせて機能追加や画面デザインの変更、システム連携などを追加できるセミオーダー型のため、短期間かつ低コストでの構築を可能する。また、ファクスや多言語、多通貨にも対応する。

 主な機能は、発注者の参照をはじめとしたユーザー管理や注文データの一括確認、注文データに対する分納回答などで、発注者独自の帳票形式を印刷することも可能だ。初期費用や月額費用は全て契約した発注企業に課せられ、受注企業にコストは発生しない。

 システムはデータセンターで運用し、冗長化して高い安定性を担保している。ファイアウォールやセキュリティパッチといった対策のほか、カスタマイズ部分まで含めた保守と運用サポートを提供する。

購買WEBEDI/STANDARDの利用イメージ
購買WEBEDI/STANDARDの利用イメージ(NEC提供)
購買WEBEDI/STANDARDのまとめ
用途と機能仕入先への購買業務を自動化、一元管理できる調達支援サービス
特徴購買業務の自動化により業務効率化やコスト削減を可能とし、ファクスや多言語、多通貨にも対応。個別のカスタマイズや高いセキュリティも備え、帳票印刷や分納回答などの機能も搭載している
導入企業明治乳業、など

「購買管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]