その他データベース ファイルメーカー

貴重な日報を有効活用--グローバル企業の日本法人がSFAを独自開発した理由

シーメンスヘルスケアは、全世界で利用している基幹システム「SHARE」から日本の情報のみを抽出し、営業関係者約250人が日々アクセスする営業支援(SFA)システムを導入した。データベースソフトウェア「FileMaker」を活用して開発した。

 画像診断装置や各種検査機器、治療システムなど、幅広い医療ソリューションを提供しているシーメンスヘルスケア(東京都)は、全世界で利用している基幹システム「SHARE」から日本の情報のみを抽出し、営業関係者約250人が日々アクセスする営業支援(SFA)システムを導入した。同システムは、データベースソフトウェア「FileMaker」を活用して開発。PCだけでなくiPadにも対応し、全国の病院を飛び回る営業担当者のシームレスな情報共有、業務効率向上に貢献している。

FileMakerでSFAシステムを開発

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2196文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]