その他データベース ファイルメーカー

貴重な日報を有効活用--グローバル企業の日本法人がSFAを独自開発した理由

シーメンスヘルスケアは、全世界で利用している基幹システム「SHARE」から日本の情報のみを抽出し、営業関係者約250人が日々アクセスする営業支援(SFA)システムを導入した。データベースソフトウェア「FileMaker」を活用して開発した。

 画像診断装置や各種検査機器、治療システムなど、幅広い医療ソリューションを提供しているシーメンスヘルスケア(東京都)は、全世界で利用している基幹システム「SHARE」から日本の情報のみを抽出し、営業関係者約250人が日々アクセスする営業支援(SFA)システムを導入した。同システムは、データベースソフトウェア「FileMaker」を活用して開発。PCだけでなくiPadにも対応し、全国の病院を飛び回る営業担当者のシームレスな情報共有、業務効率向上に貢献している。

FileMakerでSFAシステムを開発

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2196文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan