CRM SFA レッドフォックス

Cyzen:地図と連動したモバイルワーカー向けCRM/SFAシステム

CRM/SFAシステムの「Cyzen」は、位置情報付きの出退勤管理、報告書作成、スケジュール作成、顧客管理などの機能をスマートデバイスで利用できる。地図ソフトと顧客情報をひも付けたり、報告書をチームで共有したりと、ビジネスをあらゆる面から支援する。

Cyzenのポイント

  • 位置情報付きの出退勤管理、報告書作成、スケジュール作成、顧客管理などに対応
  • 外出先でもアプリ上で瞬時に顧客情報を呼び出せる
  • 顧客情報は地図上で検索でき、担当者や訪問履歴、報告書を閲覧できる

Cyzenの製品解説

 レッドフォックスの「Cyzen」は、位置情報付きの出退勤管理、報告書作成、スケジュール作成、顧客管理などの機能をスマートデバイスで利用できる顧客関係管理(CRM)/営業支援(SFA)システムだ。iOSやAndroidを搭載するスマートデバイスにアプリを導入し、システムに顧客情報を登録しておくことで、外出先でもアプリ上で瞬時に顧客情報を呼び出せる。顧客情報は地図上で検索でき、担当者や訪問履歴、報告書を閲覧できる。

編集部おすすめの関連記事

 報告書は、移動中や現場でもアプリから作成が可能で、チーム内でのリアルタイム共有により業務効率の向上が期待できる。加えて、建設業や建築業での利用に便利な写真管理、複数の現場スタッフの位置情報管理機能も備えている。また、ルート自動登録も可能なので、ドライバーや電車移動の証明にもなるほか、移動しながら交通費を自動計算する機能なども用意されている。

 なお、ドライバー向けの機能としては、走行状態やドライブデータを集計することも可能で、取得したデータは安全対策やエコドライブ、コンプライアンス対策、業務効率化などに活用できる。こうした豊富な機能が専用端末や追加機器の設置なしに導入可能な点は大きなメリットといえるだろう。

 予定の確認、行動の記録、訪問報告などの基本機能のみであればブロンズコースから利用でき、価格は初期登録費が15万円、利用料金が10ユーザー単位で年額9万6000円。基本機能にルート自動記録、交通費自動計算、写真管理のうち1つが追加できるシルバーコースやAPI連携が付与されるゴールドコース、全ての機能が使えるプラチナコースをラインアップしているほか、初期設定と社内展開用の手順書作成をサポートする導入サポートも用意されている。

Cyzenの画面イメージ
Cyzenの画面イメージ(レッドフォックス提供)
Cyzenのまとめ
用途と機能位置情報付きの出退勤管理、報告書作成、スケジュール作成、顧客管理などの機能を提供するモバイルワーカー向けCRM/SFA
特徴優先順位に沿った行動が即座にできる地図連携機能や、チームメンバーの報告書や訪問履歴を活用したライブ感の共有、行動記録機能による交通費の自動集計や状況把握など多彩な機能を提供
税別価格初期登録料:15万円、ブロンズ:10ユーザーあたり年額9万6000円、シルバー:10ユーザーあたり年額18万円、ゴールド:10ユーザーあたり年額26万4000円、プラチナ:10ユーザーあたり年額48万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan