バックアップ

Giga Charge:システム全体も可能なバックアップサービス--フォルダ単位で復元

データバックアップサービスの「Giga Charge」は、ファイル単位だけでなく、OSやアプリケーション、設定情報まで含めたPC全体のバックアップができる。ランサムウェア感染や災害時などの復元、退避に活用できる。

Giga Chargeのポイント

  • ファイル単位だけでなく、OSや設定情報などコンピュータ全体をバックアップ
  • ファイル単位、フォルダ単位の復元など状況や用途に応じて柔軟に復元できる
  • ランサムウェアへの感染や災害発生時などのデータ復元、退避に活用

Giga Chargeの製品解説

 コラボル・ジャパンの「Giga Charge」は、コンピュータ全体を丸ごとバックアップするサービスだ。ランサムウェアへの感染や故障、誤操作、災害発生などのデータ復元や退避に活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 ファイル単位だけでなく、OSやアプリケーション、設定情報までを含めたPC全体のバックアップが可能。PC全体の復元やファイル単位、フォルダ単位の復元など、状況や用途に応じて柔軟に対応できる。ローカルとクラウドの2カ所にバックアップコピーを保存し、初回バックアップや大容量のデータ復元時に外付けHDD送付によるオフラインリストアも可能。月額利用料金は1Gバイトあたりの従量課金制となっている。

 対応環境は、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10、Mac OS X 10.8以降、Windows Server 2003以降。PC版のほか、サーバ版、仮想マシン版、Office 365版をラインアップし、オプションとして、HDD送付でオフラインリストアできるオフライン搬送、インストール作業代行、バックアップ計画の設定作業代行も提供する。

Giga Chargeの利用イメージ
Giga Chargeの利用イメージ
Giga Chargeのまとめ
用途と機能OSや設定情報まで含めたPC全体のバックアップサービス
特徴ランサムウェアへの感染や故障、誤操作、災害発生などの際、状況や用途に応じて柔軟に対応できる。月額利用料金は1Gバイトあたりの従量課金制となっている
税別価格PC版1台あたり月額820円から。初期費用が別途必要

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan