BI

現場担当者が自分でデータを分析、可視化できるセルフサービスBIツール5選

現場の業務担当者が自らの手でデータを分析、可視化できるセルフサービスBIツールは、リアルタイムな意思決定を可能にし、現場での気づきや仮説をその場で検証することで新たな知見を得ることができる。代表的なセルフサービスBIツールを5つ紹介する。

 企業で取り扱うデータを可視化するビジネスインテリジェンス(BI)ツールは、ビジネスの意思決定を迅速化するために有効である。これまで、BIツールといえば、IT部門や分析部門などが業務部門の依頼を受けてデータ分析を実施し、その結果をレポートとして提供するのが一般的だった。

 しかし、従来のやり方では、依頼者が結果を受け取るまで時間が掛かる上に、昨今のデータ活用の多様化やデータ量の増加に対応できない。そこで、現場の業務担当者が自らの手でデータを分析、可視化する「セルフサービスBI」に注目が集まっている。

 現場でのデータ分析は、リアルタイムな意思決定を可能にし、現場での気づきや仮説をその場で検証することで新たな知見を得ることができる。ここでは、代表的なセルフサービスBIツールを5つ紹介する。

1.SAS Visual Analytics

 SAS Institute Japanの「SAS Visual Analytics」は、インメモリ処理によって大量のデータでも高速に探索、可視化できるBIツールだ。クラウドとオンプレミスで稼働する。

 リアルタイム予測、自動チャート作成、吹き出し方式のヘルプガイダンス、ドラッグ&ドロップなどと一体化した分析機能を装備。ビジネスユーザーからデータサイエンティストまで、分析に関する専門知識やスキルの有無に関わらず利用可能である。

 レポートやダッシュボードは、ウェブベースのインターフェースで作成できる。ウェブやモバイル端末を通じて配信可能。利用者はフィルタやドリルダウン、ドリルスルーなどでデータを自由に操作できる。

 iOSとAndroid向けのネイティブアプリを提供し、モバイル環境でも利用できる。オフライン機能を使えば、インターネット接続のない環境も含めて、どこにいてもレポートの閲覧やデータの探索が可能だ。

 参考価格は、最小構成の4コアサーバで導入の場合で初年度95万2000円から。利用者数に関わらず、サーバのコア数によって課金する。

SAS Visual Analytics

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1924文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]