クラウド クラウドサービス

AWSが賭ける次世代テクノロジ--AIツール群や新コンピュートインスタンスを発表

Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月30日、ラスベガスで開催の年次カンファレンス「re:Invent」で同社のサービスポートフォリオに対する多数の最新アップデートについて語った。

 Amazon Web Services(AWS)の最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏は米国時間11月30日、ラスベガスで開催されたAWSの年次カンファレンス「re:Invent」における最初の基調講演に登壇し、同社のサービスポートフォリオに対する多数の最新アップデートについて語った。そして、どうやらAmazonは、次世代のテクノロジに対して大きな賭けに出ているようだ。

 今回の発表で最も注目すべき点として、Amazonの人工知能(AI)ポートフォリオに含まれる最初の3つのサービスが挙げられる。まず初めに「Amazon Rekognition」は、画像認識、分類、顔分析をバッチ解析、あるいはリアルタイムで提供するサービスだ。この顔分析機能は、被写体の感情を読み取ることができ、例えば、その人物がメガネをかけているかどうか見分けることも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1825文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan