CMS サイズ

HTML5 CMS - Web Meister:マニュアルを必要としないHTML5ベースのCMS

「HTML5 CMS - Web Meister」は、HTML5とJavaScriptを全面的に採用し、マニュアルを必要としない操作性で、専門知識がなくても簡単に素早く扱える。リッチコンテンツのCMS化や、レスポンシブウェブデザインに対応する。

HTML5 CMS - Web Meisterのポイント

  • HTML5とJavaScriptを全面的に採用したCMS
  • マニュアルを必要としない操作性で、専門知識がなくても簡単に素早く扱える
  • リッチコンテンツのCMS化、レスポンシブウェブデザインに対応

HTML5 CMS - Web Meisterの製品解説

 サイズが提供する「HTML5 CMS - Web Meister」は、HTML5とJavaScriptを全面的に採用したコンテンツ管理システム(CMS)だ。ウェブAPIを全てJSONフォーマットに変更し、MVVM(Model View ViewModel)フレームワークによる大規模なシングルページアプリケーション(SPA)を構築。独自のGUIによりネイティブアプリケーションと同等の使用感を実現しているという。

編集部おすすめの関連記事

 HTML5のリッチインターフェースとセマンティクスに対応可能なCMSとして、「マニュアルを必要としない操作性」をより突き詰め、専門知識がなくても簡単に、素早く扱えるように工夫されている。

 ユーザーインターフェース(UI)が分かりやすく使いやすいほか、簡単な操作でコンテンツを編集、変更できる。リッチコンテンツのCMS化にも対応。データの処理とレイアウトとを分離したウェブサイトを構築できる。PCやタブレット、スマートフォンといった端末の種類に画面を最適化するレスポンシブウェブデザインにも対応する。

 「コンテンツの作成・編集」「リポジトリ・バージョン管理」「ファイル公開管理」「ワークフロー管理」の4つの基本サブセットで構成され、ワークフロー管理と公開ページ制限の有無によって、Standard、Lite、miniのコース設定があり、契約形態はライセンス販売とASP月額制が用意されている。

HTML5 CMS - Web Meisterのマルチデバイス対応イメージ
HTML5 CMS - Web Meisterのマルチデバイス対応イメージ
HTML5 CMS - Web Meisterのまとめ
用途と機能HTML5とJavaScriptを全面的に採用したCMS
特徴ウェブAPIを全てJSONフォーマットに変更し、MVVMフレームワークによる大規模なSPAを構築。独自のGUIによりネイティブアプリケーションと同等の使用感を実現
税別価格Standard:ライセンス版は200万円、ASP版は月額20万円から、Lite:ライセンス版は120万円、ASP版は月額12万円から、mini:ライセンス版は60万円、ASP版は月額6万円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan