マーケティング

自動化から最適化まで--Facebook広告の運用負荷を軽減する「Kenshoo Social」の勘所

Facebook広告は、その手軽さと高い効果が評判を呼んでいるが、広告効果を最大化するためには大きな作業負荷が掛かる。こうした広告の設計や運用を自動化する管理ツールが注目を集めている。

ソーシャルメディア広告の運用を自動化、効率化するには

 急成長を続けるインターネット広告市場の中でも、特に近年、出稿量が増えているのがFacebookやTwitter、Instagramといったソーシャルメディアに掲載される広告だ。特に2010年からスタートしたFacebook広告は、その手軽さと高い効果が評判を呼び、瞬く間にソーシャルメディア広告の代表格として知られるようになった。

 Facebookの利用者は原則、アカウント作成時に自身の年齢や性別、職業、居住地などの属性情報を登録するが、これらの登録情報は他のソーシャルメディアと比べて正確で信頼できるとされている。Facebook広告は、こうした利用者の属性情報に基づき広告のターゲットとなるオーディエンスを細かくセグメント分けできる。特定の属性を持った利用者のグループにピンポイントで“刺さる”広告を届けられるため、投資対効果の高い広告を打つことが可能だとされている。

 しかしその半面、こうしたメリットを生かすには、オーディエンスのセグメントや、それぞれに届けるクリエイティブを事細かに設計する必要がある。そのため広告効果を最大化するためには、企業のマーケターにはかなりの作業負荷が掛かることになる。

 そこで近年、こうした広告の設計や運用を自動化する管理ツールがさまざまなベンダーから提供されるようになった。その1つが、イスラエルに本社を構えるKenshooが開発提供する「Kenshoo Social」だ。2006年に創業した同社は、当初はリスティング広告向けのマネジメントツール「Kenshoo Search」が主力製品だったが、現在ではそれにKenshoo Socialが加わり、さらに各種の周辺ツール製品も加えて、企業や広告代理店におけるインターネット広告運用をトータルで最適化できるプラットフォームを提供している。

ルールベースによる自動化から自律的なキャンペーン最適化まで

残り本文:約2718文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan