勤怠管理・労務管理 L is B

direct Smart Working Solution:設定時間にPCをロックして労働時間を可視化

「direct Smart Working Solution」は、任意に設定した時刻になると、業務PCをロック。業務時間を延長申請するかどうかを確認するダイアログが表示され、上長が申請を承認するとロックが解除される。

direct Smart Working Solutionのポイント

  • 任意に設定した時刻に業務PCをロックし、延長の際は上長へ申請する
  • ビジネスチャットと連携して最小限の操作で手続き可能
  • 延長時間と延長理由は可視化され、労働状況を把握できる

direct Smart Working Solutionの製品解説

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とL is Bの「direct Smart Working Solution」は、「定時に帰る文化を創る」というコンセプトで開発されたサービスだ。業務延長時間とその業務内容を可視化し、長時間労働の是正を促進する。

編集部おすすめの関連記事

 任意に設定した時刻になると、業務PCをロック。業務時間を延長申請するかどうかを確認するダイアログが表示され、上長が申請を承認するとロックが解除される仕組みだ。申請承認は、PCのほか、ビジネスチャットシステム「direct」のアプリを導入したスマートデバイスにより最小限の操作でできる。

 延長時間と延長理由はCSVデータとしてエクスポートでき、誰がどういった理由で何時間業務を延長しているかを可視化する。これにより実態を把握し、人材配置の最適化や業務量の調整、必要な業務の見極めといった分析が行いやすくなる。プランはPCのロックのみを行うライトと、全ての機能を利用できるスタンダードの2つから選べる。

direct Smart Working Solutionのイメージ図
direct Smart Working Solutionのイメージ図
direct Smart Working Solutionのまとめ
用途と機能業務延長時間とその業務内容を可視化し、長時間労働の是正を促進するサービス
特徴設定時刻になると業務PCを自動的にロックし、上長へ延長申請を行うことで解除。ビジネスチャットシステムを活用し、最小限の操作で手続きができる
税別価格初期費用と年会費が25万円、1アカウントあたり月額480円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan