モバイル

世界で拡大する中古スマホ市場、2020年に2億2260万台を出荷--300億ドル市場に

IDCは、中古スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、全世界における中古および整備済みスマートフォンの出荷台数は、2015年に8130万台だったが、2020年には2億2260万台まで増えるという。

 IDCは、中古スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、全世界における中古および整備済みスマートフォンの出荷台数は、2015年に8130万台だったが、2020年には2億2260万台まで増えるという。その間の年平均成長率(CAGR)は22.3%と見込む。

 中古および整備済みスマートフォンの市場は、さまざまな販売チャネルなどで多種多様な下取りと買い戻しのプログラムが広がっており、この数年で急速に拡大したそうだ。特に米国では、ほとんどの大手キャリアと再販業者、多くのオンライン販売業者が大幅な値引き手段として、何らかの買取サービスを実施している。同様のサービスは、過去3年から5年で西欧およびアジアでも見られるようになった。

 2015年の出荷台数、2020年の予想出荷台数、予想CAGRは以下のとおり。括弧内は、合計に占める割合。

北米

  • 2015年:1520万台(18.7%)
  • 2020年:5520万台(24.8%)
  • CAGR:29.4%

その他

  • 2015年:6610万台(81.3%)
  • 2020年:1億6740万台(75.2%)
  • CAGR:20.4%

合計

  • 2015年:8130万台
  • 2020年:2億2260万台
  • CAGR:22.3%

出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

 IDC携帯電話プログラム担当調査マネージャーのAnthony Scarsella氏は、「2020年の中古スマートフォン平均販売価格を136ドルと見ており、300億ドル規模の市場になるだろう」と述べた。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan