メールセキュリティ ソースポッド

SPC Mailエスティー:必要な機能を組み合わせて利用できるメール誤送信対策

「SPC Mailエスティー」は、低コストで導入できるメール誤送信対策サービスだ。注意喚起や一時保留、パスワード暗号化、宛先漏えい防止、上長承認など必要な機能を組み合わせて利用できる。

SPC Mailエスティーのポイント

  • 必要な機能を組み合わせて低コストで利用できる
  • 注意喚起や一時保留、パスワード暗号化、宛先漏えい防止、上長承認などの機能が利用可能
  • Office 365やGoogle Appsなどのクラウドサービスとも連携可能

SPC Mailエスティーの製品解説

 ソースポッドの「SPC Mailエスティー」は、利用者が必要な機能を組み合わせて利用できるメール誤送信対策サービスだ。1ユーザーあたりの月額費用を抑え、低コストでの導入を可能としている。

編集部おすすめの関連記事

 「機能A」では、メール送信者自身に宛先、本文、添付ファイルをチェックさせる「メール誤送信防止」、設定された時間が経過するまでメール送信を一時保留し、ミスが発覚した際にメールの送信を中止できる「メール一時保留」を提供。管理者が事前に設定したキーワードもチェックでき、別途オプションで添付ファイル内の検索や個人情報の検出もできる。

 「機能B」では、送信時にメールを自動でパスワード暗号化して送信する。ZIP、Camellia、AESなどの暗号化方式と、メール全体、添付ファイルなどの暗号化範囲を選択でき、受信側は添付された暗号ファイルにパスワードを入力すると復号したメールを参照できるという仕組み。復号用パスワードの自動生成と送付にも対応する。また、同報メールのアドレスを1アドレス単位に自動分割、強制的に全てBCC化して送付する「宛先漏えい防止」機能も利用可能だ。

 「機能C」では、上長などの第三者が送信内容を確認する承認機能、特定のアドレスを宛先(CC、BCC)へ自動追加して第三者がメール内容を査読できる機能を提供。メールの内容によって機能やアクションを使い分けできるポリシー制御、フィルタリング機能も搭載し、直感的な操作で容易に運用できる管理画面や集計レポートも活用できる。

 「Office 365」や「Google Apps」などのクラウドサービスと連携可能で、NTTソフトウェアが開発するメールセキュリティソフトウェア「CipherCraft/Mail」の全機能をクラウドで利用することもできる。サービス品質契約(SLA)で稼働率99.9%を保証し、同ドメインであってもメールアドレス単位で利用可能だ。

SPC Mailエスティーの利用イメージ
SPC Mailエスティーの利用イメージ(ソースポッド提供)
SPC Mailエスティーのまとめ
用途と機能利用者が必要な機能を組み合わせて利用できるメール誤送信対策サービス
特徴注意喚起や一時保留、パスワード暗号化、宛先漏えい防止、上長承認などを搭載。低コストで利用でき、クラウドサービスとも連携できる
税別価格初期費用は5万円、機能A、B、Cのうち1機能の月額費用はアカウントあたり100円、2機能はアカウントあたり150円、3機能はアカウントあたり200円。最低利用数は10アカウント

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan